〓IS情報〓
携帯電話の最新情報などメルマガでお送りいたします♪

2007年07月19日

ワイヤレスジャパン-モバイル通信のそうそうたるメンバーによる基調講演

東京ビックサイトで行われるワイヤレスジャパンは毎年行っていますが、今年は初めてコンファレンスの基調講演を受講してきました。

▼東京ビックサイト
Image012.jpg


「モバイル通信ビジネスの将来ビジョン」と題した基調講演には、ドコモの中村社長、KDDIの小野寺社長兼会長、ソフトバンクモバイルの松本副社長、ウィルコムの喜久川社長、イーモバイルの種だ副社長、アッカの木村CEO、YOZANの高取会長、シャープの松本副社長というそうそうたる主要メンバから直接、モバイル・通信ビジネスの現状、将来ビジョンなど、9:50から17:30まで一日がかりで話を聞くことができました。

▼コンファレンス会場(レセプションホール)
Image011.jpg

現状の3Gネットワークでの国際的な取り組み、HSDPAやEV-DO Rev.Aなどの3.5Gにて、新規参入を含めた市場の拡大、スーパー3G、ウルトラ3Gなど3.9G、そして次世代の4Gネットワークや、WiMAXなど高速化、高度化するネットワークに関連した内容が主なところでしたが、通信キャリアの基調講演が続く中、その中で唯一メーカーからの講演となったシャープの端末開発戦略についてなど、多岐にわたる通信・モバイル分野の将来ビジョンが見えてきました。

IS情報では、この内容をメルマガの増刊号を主体に、WJで話が出てきたキャリア・メーカーの思い、意気込みなど踏まえて紹介し低期待と思います。

お楽しみに♪
posted by ジロー at 02:56| Comment(1) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ゴールデンウィークで迷惑行為、チェーンメール激増!

5/6にメルマガに載せた内容です。
「チェンメのゴミ箱」にたった一日でチェーンメールが500通も集まり、注意喚起のためブログに載せます。
アンケート&コラム。


B迷惑メール増えた?(アンケート結果)

前回のアンケート結果ですー

・最近迷惑メールが増えた:50%
・拒否設定のおかげで迷惑メールはほぼ無し:26%
・拒否設定はしてないけど迷惑メールはこない:24%

回答欄が少なかったですね…「前も今も迷惑メールが多い」を入れておけばよかったと反省○rz
それにしても、やはり半分の方が迷惑メールが増えていると実感されているようです。携帯キャリアの様々な施策もかいくぐって迷惑メールを送信してくる業者が増えているのでしょうね…
しかし、キャリアができるのは、メールサーバーにフィルターをかけるだけですから、現在の機能では、「アヤシイアドレスを受信しないようにする」というキャリアとタッグを組んでいる会社にがんばってもらうしかないでしょう。
結局、ジローたちが自分で頭を振り絞り、より効率のよい拒否設定をしなくてはならないという状況です。

・迷惑メールが増えたと感じるキャリア
→KDDI:28%
→ドコモ:26%
→SB:41%
不明:5%
※ソフトバンクの%が多いのは、単にソフトバンクケータイからの回答者が他社ケータイに比べて多いからです。

・拒否設定で迷惑メールが無くなると感じるキャリア
→KDDI:25%
→ドコモ:35%
→SB:40%

・特に拒否しなくても迷惑メールは来ないキャリア
→KDDI:53%
→ドコモ:10%
→SB:32%
不明:5%

皆さんのコメントを少しご紹介します。
・KDDI
「不正フォーマットでアドレス無しでメールを送りつけられ困ってる」
「auですがこの1年、迷惑Mailは来ません」
・ドコモ
「めちゃくちゃな英字配列から大量に…」
・SB
「ボダにしたあたりから、海外からのスパムが増えた」
「WEBで拒否設定はしてませんがフォルダで迷惑設定しています」

今回のアンケートに協力して下さった方の割り合いは以下の通り。
KDDI:33%
ドコモ:24%
SB:39%
その他:4%

<アンケートに対するご意見>
「このアンケートはどこに行くのかわからん」
すみません、さっとメルマガに載せてるだけですもんね(汗)
前のアンケートシステムと全く同じで、ジローのメルアドに届いてから処理されます。こんど、情報の取扱いについて表示するようにしておきますね○rz

▼ご意見箱!
http://iscp.jp/i/mail.php

==========
CGWに増える迷惑行為

携帯電話の迷惑行為(迷惑メール・電話・チェーンメール等)による被害者が増えるのは、夏休み、冬休み、春休み、そしてゴールデンウィークです。
しかし、迷惑行為自体がそのタイミングで増えているわけではなく、携帯利用者がコンテンツなど携帯を利用する時間が増えるため、このタイミングで被害者が増えてしまうんです。
GWに入り、また迷惑メール対策室への被害相談の問合せ、チェーンメールのゴミ箱利用者が増えています。
vol.1776でも通知しましたが、基本は「無視」。チェーンメールに関して「チェーンメールのゴミ箱とはなんぞや」との問合せを頂きましたが、ジローが迷惑メール対策室に用意した、チェーンメール専用のゴミ箱です。

・チェンメのゴミ箱
http://iscp.jp/m/chain_mail/

チェンメのゴミ箱への投函も、GWに入ってからなんと450件以上もありました。特に、最終日である今日に集中していて、今のところ150件以上も受信しています。
チェンメは、ゴミ箱に捨てるのはいいけど、ぜったいに他の人に回さないように!おわんないからΣ( ̄□ ̄;)
(そういうものだけど…)

▼ご意見箱!
http://iscp.jp/i/mail.php
posted by ジロー at 02:23| Comment(9) | TrackBack(8) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

ソフトバンク原宿オープン!遊びに行きました(写真有)

本日10日午後1時、原宿にソフトバンク原宿がオープンしました。
メルマガで朝10時に急遽、ソフトバンク原宿探検隊員を募集したのですが、参加者2名、ML参加9名と微妙な盛り上がりとなりました(苦笑)
そうそうお土産もありますよ〜。予想GUYの名刺とSBボールペン!あとでメルマガで応募方法など送りますね♪

さて、そのソフトバンク原宿ですが、開店直後(開店時に着かなかった)は人だかりで店外、店内ともにごった返してました。外ではおねーさんがチロルチョコ入りチラシやら来店さん用にSBボールペンを数人で配ってました。
お店はおしゃれなんだけど、落着いたカンジで、一週間もすればゆっくり売り場をみれるなーと思いました。

20070210_SBHarajuku06.jpg店の外から撮った写真(QVGA)

で、店内に飛び込むと、あれ、入店5歩でなんとホークスの新外国人ホワイト(実在の選手ではない)がいるぢゃないかΣ( ̄□ ̄;)
しかもそんなに人に囲まれてるわけでもなく、すんなり握手握手(^-^)
「シャシン、イイデスカァ〜?」と思わずガイジン口調で話し掛けました(笑)

20070210_SBHarajuku01.jpg「打ってくれそうやな〜」(QVGA)
20070210_SBHarajuku07.jpg「ばんとハニガテデス…」(QVGA)

さらに、店員さんに頼んでホワイトとのツーショットを撮ってもらうことに。あ、そうそうホワイトにアレを聞かなくてわ!
「けっこう背ー高いですねー。身長いくつあるん?」
どきどき……
「オーゥヽ(´ー`)ノ{ツキ、980エンデス)」
「ホワイトぉ〜(嬉)」
感激です(>_<)ホワイトありがとうイイヒトデスネ!

ということで、店内侵入後速攻でホワイトにダッシュしちゃったんです…年甲斐もなく…(恥)
で、店内は1Fの展示コーナー、B1が販売スペースになってるんですが、1階だけでふつーのショップのフロアが丸ごと2個収まりそうなほど広かったです。特に812SHの販売スペースが展示コーナーの1/3くらい使って香水の装飾やらなにやらですごかったですね。

20070210_SBHarajuku05.jpg店内の様子(あ、奥のキャップのヒト…ホワイトだ(驚))(QVGA)
↑いま気づいた

…と、店内をぐるぐる回ってたら今度は予想GUY発見(ぉ
こっちはジローが行った時はおねーさんたちに囲まれてました。で、ジローも近寄っていった所…おもむろにポケットから名刺が(おぉ)ケースにも入れずハダカで(ぇ)大量に出てきました(笑)予想外です(ぁ)
さて、こっちも写真写真…

20070210_SBHarajuku03.jpg予想GUYの名刺には…(QVGA)

たしか、CMでは名刺に「野口 五郎」と書いてありましたよね。ところが、もらった名刺には…

20070210_SBHarajuku09.jpg予想GUYの名刺(QVGA)

あれれ…。予想外でした○rzたしか野口五郎だよなーと思ってネットで検索したんですが、他のイベントでは野口五郎で配ってる事もあったそうです。なにより……ヤフオクで3700円で落札した輩がいたのはビックリでしたが(汗)
で、しっかりツーショットも撮ってもらったところで(←どんだけミーハーなんだ)B1に降りてみよう。
ってうわーーーすごい。1Fの面積と同じだけの広さに、所狭しとカウンターが2〜30個(?)くらい敷き詰められてました(驚)
これは降りられんゎ。。

…まーこんなカンジかな。けっこう楽しめましたよ(笑)
ソフトバンク原宿の店員のみなさん、これから盛り立てていってくださいね〜。
※このブログは携帯向けなので画像は全てQVGAサイズにしています。大きい写真が欲しいかたはメルマガから返信して要望を出してください。
posted by ジロー at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンクの2007年3月期第3四半期決算説明会メモ

2/8に行われた、ソフトバンクの第3四半期決算説明会メモです。
ドコモの時と同じく、走り書きです。直しもなしです。

☆ソフトバンク第3四半期決算説明会

日時:2007/02/08 16:30
場所:ソフトバンク株式会社サイト

▼決算及び事業概要
・総括
ホワイトプランのサービスインで順調。2G→3G加速。利益最大。
営業利益7倍など。経常利益が赤字から、大きくプラスに推移。
・四半期業績
創業来最大の利益。連結投機純利益などは期ズレが起きているが4Qに戻ってくる。
・移動通信体事業
3年8ヶ月ぶりの純増シェア43%。3G比率が伸びている。
コミットメント
@端末数の充実…端末への満足度が上昇している。(SB調べで8割超)
SBはアクオスで7ヶ月連続ワンセグNO.1。継続中。薄型NO.1。
機種数、カラー数ともに業界トップ。
A営業体制・ブランド強化
CM高感度トップクラス。(予想外スパイ編、ブラッドピット インド編)
家電量販店販売数量シェアが2倍以上。原宿にソフトバンク原宿が10日オープン。
売り場面積日本最大級!
・法人営業への取り組み
Wホワイト。
・新料金プラン
ホワイトプラン(ダレにでも解りやすい究極のプラン)
3週間で105万件(新規21万、買い替え84万件)
・割賦販売方式の導入
@端末販売モデルの正常化(不公正の是正、端末コストを確実に回収)
A長期ユーザーの獲得(解約率の改善)
B魅力的な購入プランの設定(スーパーボーナス特別割引)
Bネットワーク強化
・ネットワーク満足度改善
Q3で25588基地数。Q4で46000件(工事中含む)
Cコンテンツ
・Yahoo!ケータイ。Yahooの携帯トップページのページビューが急増。

▼質疑応答
・みずほ証券
端末コスト:4〜6万円 x 販売台数
付帯売上げ:
売掛:876億
各種販売キャンペーンが手数料・負債増加にインパクト
→期間でニュートラルになる計算
・野村證券
割賦の影響、3ヶ月 端末収入?
課金ユーザーのARPUは?
→ゴールドは高トラフィックのユーザーが加入
→ホワイトは低トラフィックのユーザーが加入
→Wホワイトはゴールドより高トラフィックのユーザーが加入と予想(3月開始)
ゴールドユーザーはWホワイトに移行すると予想。まだわかんないけど。
・フリー
基地局数の具体的な数字?
→26200基地局が開局済み(工事中が1万以上)
→今日現在で、開局済み+工事中+用地確保で46000基地局を越える
Q4で急激に伸びる要因は?
→決断→交渉→資材確保などに時間がかかっている。これから仕上がり時期で一気に増加
スーパーボーナスの比率は?
→新規の8割がスーパーボーナスで加入。機種変は6割前後。
テレコムの赤字額が増えるが、てこ入れ策は?
→グループ内の資産の最適化で、事業自体に業績の悪化があったわけではない。
新年度では赤字部分が解消される(先行投資)
・フリー
基地局の重視地域はあるか?

カタログにエリアが無い。ユーザーとしてわかりにくいのではないか?
ホームページでは古い情報でよくわかんない。お客にはどうやってみせるか?
→1/30にアップ済み。工事中・用地確保などの図を短期間で出していきたい。
準備中でした。コールセンターのアレを改善していきたいです。
・日経パソコン
新規加入。MNPのIN/OUTは減っていて、純増は増えているけど。
→番号が変わってもいいから乗り換えたい。(業界全体的に)
2台目需要もいくらかあるのでは?
誰かと一緒に加入するケースも。(SB同士の分数が圧倒的に増えている)
ホワイトプラン目当てで加入も。980円だから。
未払い金・費用が増えているけど、スーパーボーナスの引当金?
→普通のボリューム増。スーパーボーナスの割引きはARPUから引かれる。
ヤフーケータイになってから、エリア内だけど通信できない声が。サーバーなど
バックボーンの対策は?
→一部そういう事例があるかもしれないが、キャパは十分にあるはず。確認する。
SBとしては認識していない。
ホワイトプランxスーパーボーナスなどトラブルがある。尻拭いは?
→割賦販売法で残りの料金を支払うのはあたりまえ。
説明不足で割賦販売を認識してもらえなかった事例もあり、スタッフの育成を頑張る。
お客様に浸透するまで努力して説明に努める。
買ったけどエリア外でつかえないから辞めたい。
→ホームアンテナを無償で提供(工事代金込み)。他救済策は用意していきたい。

割賦販売の単価は?
→より高額な機能が出てきている。
インセンティブは?
→キャンペーンによりエリア・ボリュームインセンティブの増減を調整している。
実質インセンティブはあまり変わっていない。
割賦販売(スーパーボーナス)が正常は販売方式を積極的に推進したい。
ホームアンテナの台数は?
→申込みが34000。免許交付済みが21000。 サービスインが14000。
近日一件一件に免許交付が必要なくなり、サービスインが早くなる。
※基地局数には外数のみ
・日経
データARPUの比率は?推移予想は?
→3Gが2000円、2Gが数百円。平均は1330円。しかし割賦割引きがARPUから
差し引かれる。→26ヶ月でニュートラルに。
ADSLのARPUの数字は?
→4395円。四半期ベースで右肩に微増している。
・CS証券
料金的な有利性を確保した中で、サービス面での時間軸での充実度は?今後の予想?
→サービスインの直前に発表する。ソフトのバンクでそっちが本分なので!
データトラフィック。どのくらい出ているのか?
→3G転換だけでARPUが増える。2000円を上回るだろう。4000円を上回る事はない。
他社にくらべてARPUはすっごく少ない。
・立花証券
ホワイトプラン。3週間で105万件。回線の容量・受付・経営面などは大丈夫?
ホワイトプラン打ち切りなんてことに??
→料金プランの変更もあると思うので、毎月このまま増えるわけではないと思う。
ネットワークも勘案しながら気を使っている。
システムキャパは3倍増できた!受け付けシステムは問題なかろう。
回線は決してダウンしないように経営していく。
ホワイト+Wホワイトは非常にシンプルだから、長期間に渡り主力として育てたい。
パケットは?(データ収入)窓口を広げる事にはどう考えているか?
→パケット収入は慎重に考えたい。SB同士のメールは24時間容量関係なしに無料だぉ
・読売新聞
MNP。増収効果はあったか?
→お客様の増加が経営にとって一番のプラス。増収効果はまだわかんない。
MNPについての総括を。
→メルアドも持ち運びすべきではないか。ユニバーサルドメインのメルアドを用意すべき
MNPは無いよりはあったほうがいい。
・ITmedia
総務省。研究会。SIMロックを解除する方向でのあれだが孫はどう?
→割賦販売が10割になればSIMロックを外せる。中長期でみると正しいが、
端末の適正なコストがきちんとしていないと、3Gの高価な端末が世界中に輸出されて
しまう。これだと会社がふっとんでしまう。
新しい販売方式に対しチャレンジするべき。
posted by ジロー at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ドコモの2007年3月期第3四半期決算説明会メモ

1/31に行われたドコモの第3四半期決算説明会のメモを(一応)UPしときます。きたないまんま、修正もなしですが、質問もなしということで(ぇ)

▼今後の取り組み
パケホー代契約数が倍に。
・5700円パケット定額
フルブラウザ定額・パケ・ホーダイフル
スマートフォン定額・Biz・ホーダイ
PC接続定額サービス(64kbps)を今秋@Freedの代替として導入予定。
70xiシリーズの展開。
D800iDSの展開。
2000万人のmovaの客がネック。Fomaへの移行をうながす。
ワンセグケータイ4機種。SO,D,P,SH903iTV
Push型情報配信サービス。約月額370円。iチャネル・トクだねニュース便。
→データARPU底上げ、定額への移行を促進。
クレジット携帯(DCMX)は約150万契約。まだ十分に利用されているという現状ではない。
3月末の予想室内外基地局数は合計約45000。順調。
HSDPAは全国主要都市のカバーを完了。
CONEXUS MOBILE ALLIANCE ドコモの出資先
契約者ベースが1億3千万人程度。
国際サービス収入があがっている(国際ローミング機種・数字が増加している為)

▼質疑応答
・CS証券
@そこそこ順調。販売奨励金制度についてどうするか。来期の営業費用を考える上で何かあるか。
→期間契約の可能性。SIMロック議論と販売奨励金はセット。難しい。
A自社株買いの進捗が悪い原因はどこにあるのか?
→9ヶ月でそこそこやっているのではないか?。NTTは売却の予定がないので、市場から買う可能性も。
・MUFG証券
@今期の会社予想が変更なし。
加入者の目標達成のために取る必要のある?それともお金を守るのが優先?
→費用を使う可能性が有り、利益が下がるかも。やっぱり契約者の獲得に力を入れる方針だと思う。
au一人勝ちイメージがあるときに契約者を確保しないと。
AARPUが下がるとしたら、その中でも利益を出す為に、ノントラフィックビジネスなどどうするか?
→携帯電話事業は今後かわっていく。パラダイムシフト。
PCの世界の手法が携帯にどんどん入ってくる。WEB2.0がそのまま降りてくるのではなく、携帯に
特化した変化が行われていくだろう。トラフィック・ノントラフィックだけではすまない。
サブスクリプション?交通サービス・金融サービス。これをインターネットとどう組み合わせて
いくか。プラットフォームの提供?Felicaなど。他の事業が乗っかってくる。広告収入←限界あるかも
ドコモにどんどん参加して欲しい。ヘッドハンティング。
既存+新しい力を組み合わせる。
・GS
@来期のシェアなど
→MNPの影響は予想より低い。想定の範囲内。苦戦している。プラスとしては厳しい見通し。
来期以降は、市場のSBの動きを見ながら。エリア・サービスでの差別化で獲得を目指す。
A来春販売政策は?

B来期の利益の考え方。
→申し上げにくいタイミング。今期は厳しい。来期にも効いて来る。
設備投資を前倒ししているので、来期は費用が減る。手数料やコスト削減。仕入単価や端末値下げに
対する費用削減の考え方?結局は?→今期とそんなにはかわらない。
3月の商戦機(一年で一番動く)でどうなるか?が問題。
・みずほ証券
@3rdクオータ以降は?端末調達単価の引き下げが厳しい?
4thクオータは一般端末の流通を増やして契約を伸ばすのか?
→今の環境で言えば販売に力を入れる。
A3rdクオータの調達コストの下げが十分でない要因は?
→時間間隔の問題。次の開発にあたってはコストを下げていく。すぐには結果は出ない。1チップ化を。
傾向として下げるという事。シリーズごとや次の機種などの調達コストを段階的に落とす事になる。
90xi系は、下げるのは難しいとの認識。今後GPSも入るし新機能に対してかかるものもあるので、
トータルとして頑張ってイーブンとしたい。
B総務省の手数料廃止?
→制度的に限界もあるので、どうやって改めていくのか、1社だけでは出来ない。
これから。議論が始まったばかりで課題の抽出の段階。
・SBのやりかたを導入する気もないし試算したことも無い。
結局端末を¥0にしてしまうというのは方法論としておかしい。ドコモは期間契約に興味がある。
※インセンティブとSIMロックなどに関してはあさってヒヤリングを行う。
SIMロックを外す事で、現在の方程式が解けるわけではないと思う。
・野村證券
@4期の調達原価の見通し
→平均47000円。
A物件費?力技が今後もでぢるのか?

Bホワイトプランの脅威?
→それほど競争力のあるプランではない。低ARPUのお客さんが動く。
980円に引っ張られるお客さん入ると思う。
Wホワイトは強烈。PRはうまく、客の動向に響くと思う。

@基地局数などで、設備投資が増える。来期以降も設備投資を上げていくのか?
→今期の進捗がかなり基地局に関してはよい。もう少し前倒しして見通しが増えるかも。200億くらい。
来期の建設も続くが、ピークをうって減ってくる。1000億くらい減ってくるかも。
・ドイツ証券
@加入の獲得について。MNPでの流出はたいしたこと無かったと思うが、加入がこない理由は?
ドコモとして必要なものは料金?端末?サービス??
→出は小さいよね。入りが悪いのは。auはガードが固い。3社ともにそこまで差がないので、
入りが少ない。新プラットフォームも必要だろうか。
新しいサービスで差別化し、魅力をつけて顧客獲得を目指す。
仕込んでるサービスが今後出てくる。
・メリル
@株主に対してどのように考えているか。個人も含めて。今期も来期もあんまりぱっとしない。
→次代へのチャレンジを見てもらいたい。
配当。んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?
・大和
@基地局→加入者への意識(ネットワークの充実度?)。これを数字で見ることは出来ないか?
→movaのエリアを凌駕した。聞かせてなんちゃらで穴埋めしていってる。
加入者に認識してもらえるように、積極的にPRして行こうと思う。イメージが先。
A在庫。余裕がある?
→4期で出て行くので、見通しどおりの動きになると思う。
継続的に売れているのか、終わりなのかを判断するルールを持っているので、うまくコントロール
していると思う。
・みずほコーポ
@海外投資ファーストパシフィック?
→PLDT(フィリピンの携帯会社の親会社)の持ち株会社の株式を、交渉により購入する協議を続けている。
条件が折り合わないので,交渉が継続中。FPC?は購入する。
posted by ジロー at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

2006年はこんな携帯業界になるB

2005年ラストのコラム第3段です。いっちゃん最後です!

@2006年の携帯業界
A新規参入企業
B一番躍進するキャリアは?

B一番躍進するキャリアは?

みんな、この辺に一番感心があると思います。
やっぱau?ドコモ?Vっち?う〜ん…。
自分に合う携帯があっても、みんなが使っているキャリアの携帯を使うほうがサービスを共有できたり、利用料金が安くなったりで便利ですからね。一番繁栄していく携帯電話キャリアの電話機を持つのが、将来一番トクをする可能性が高いですもんね。

携帯電話が初めてメール機能を搭載した時も、「ショートメールが使えるからドコモ」みたいな時代がありました。ジローはスカイメールを仲間でやりたいね♪っつーことでボーダフォンを買ったものです。それがiモードがあるからドコモ。写メールできるからJフォン(ボーダフォン)、着うたできるからau、音声定額があるからウィルコム………。

2006年、まずはプッシュトーク機能などでキャリア選別が行われる事もあるでしょう。同時にボーダフォンのように奇抜な料金サービスも物色されると思います。
新規参入組のアイピーモバイルは、直接は既存キャリアとシェア争いにはならないと思うので、2006年は既存キャリア同士の壮絶なデットヒートになると思います。ドコモがプッシュトーク機能を導入したのは、音声通話の定額制をやりたかったからでしょう。通常の音声通話を定額にするのは、料金面など色々問題があり困難なので、パケットを利用して擬似的に音声定額を持ってきたのは必ずヒットすると思います。

じゃあauは?
auはドコモのように端末数を充実したいので、ぱっと見、ドコモのモデルを追いかける感じになると思われます。…ジロー的には、ハッピーメッセンジャーはポップなイメージを作ったりと若い層を意識したかもしれませんが、逆に用途を狭めてしまう気がするんですけどね...
ただ、サービス自体はauらしさをどんどん出していき、放送事業などの方面で活躍が見られるでしょう。端末自身よりも、EZwebを用いたサービス展開が見込まれます。

え、じゃあドコモはやらないの?
もちろんドコモも色々な可能性を探ります。ドコモは2005年、Felicaを用いたサービスの可能性を追及していきました。カード会社との提携でクレジット事業にも参入していきました。2006年には夢だったsuicaとの連携がスタートします。auもその予定ですが、端末数・サービスでは現在はドコモがトップシェアを持っていますからね。そんな大型の提携を行うドコモは、ワンセグを狙ってフジテレビとの提携をを示唆するニュースが最近ありました。ドコモは今後、色々な民放との連携で放送事業へも投資していきます。

ボーダフォンは?
この人は最近、無理やり他のキャリアと同じ事をするわけではなく、独自の可能性を探っています。ボーダフォンは2006年、企業のネットワークやシステムにからむ方向でアプローチを行っていくでしょう。
個人ユーザ向けにはまだまだ試練が降りかかっていきますが、こちらは無理して展開する事無く、稼ぎ口を探して行くと思います。
また、他の企業に通信帯域を貸し出すサービス(MVNO)も展開していくと思います。

ウィルコムは?
ウィルコムはデータ通信の旨みを最大限に利用してアクティブに開発を行っていかないと、新規参入組みとの競争の為の準備が整いません。ここはより良いサービスを模索していく形になると思います。
そしてボーダフォンと同じくMVNOや、端末を提供して他の企業のブランドでサービス展開を行う(J-COM参入予定)形が出来てくると思います。

…ということは、ジローたちが世間一般的に一番いいと思うキャリアは、ドコモかauになりそうですが、各キャリアが色々な可能性を形にしていくという面でも、2006年は激動の年となりそうです!
期待しましょう!


…と、もう、今これだけ書いたから、毎年恒例の年明け大型コラムはナシにしましょう…。
ジローは個人的に忙しくなってきてしまったので、もともとそういう体制でしたが、来年はこういったコラムばっかりのサイトになるかもしれません。
何かあれば、ジローまでご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

そして、ジローに特にご協力下さった友人にも感謝しています。以下、列挙させて頂きます。

VDFX・ホセ様
メルマガまさやん様
→来年コラボ企画持っていきますね!
携帯どっとこむ様
→今年もありがとうございました。
made in paris様
→再起、がんばって下さい。
夢なら様
→迷惑メール対策室でお世話になりました。
かずな様を初めIS情報・迷惑メール対策室へ多くの助言、コメントを下さった皆様。
→迷惑メール対策室の掲示板が飛んでしまいました…ごめんなさい。

IS情報は他の情報サイトとは全く毛色が異なり、管理者のワンマンでやってきましたが、今年も一年間無事に過ごせたのは読者様を含め皆様のおかげです。本年は温かく見守って頂き、またご指導・ご協力いただき、ありがとうございました。
今年最後の挨拶はジロー話でやりますが、IS情報をご覧の皆様にはここで。

よいお年を。

□□□□□□□□□□□
[・‥…IS情報…‥・]
[管理人:ジロー]
[Mail:isinfo@iscp.jp]
[URL:http://iscp.jp/i/
□□□□□□□□□□□
posted by ジロー at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

2006年はこんな携帯業界になるA

2005年ラストのコラム第2段です。

@2006年の携帯業界
A新規参入企業
B一番躍進するキャリアは?

A新規参入企業

前からお伝えしているとおり、総務省より新規参入の認可を受けた企業は、アイピーモバイル(マルチメディア総研)、BBモバイル(ソフトバンク)、イーモバイル(イーアクセス)です。
この3事業者がどのように携帯電話事業を展開していくのかは、↓のリンク先を参照ください。

携帯向け周波数帯割当て

さて、新規参入事業者はどういった商品(携帯端末)を武器に、既に凝り固まった携帯電話事業へと殴り込みをかけるのでしょうか?
普通のサービスであれば、ただ少し安いだけではわざわざ携帯キャリアを変更してまで加入しようとは思いませんよね。

◎電話がオプション機能

新規参入事業者にとって一番重要なサービスとなるのは、電話機本来の通話機能ではなく「データ通信」となります。
言い換えればパケット通信ですが、ビジネスシーンにおいてパソコンもどんどん外に持ち運ばれる時代の中では重要なキーになります。
現在の主要キャリアは携帯電話で使うパケットサービスに重点を置いています。え?なにそれ〜?って思うでしょうが、通常ジローたちが携帯電話で、携帯電話の機能をつかって携帯電話の画面をつかっていろいろなパケットサービスを受けていますよね。今年はパケット定額も各キャリアで充実してきましたが、あくまで携帯電話が利用するパケットサービスなのです。
例えば、ウィルコムのAir-EDGEなどはパソコンに繋げてパソコンからのデータ通信を定額にしています。
パソコンでAir-EDGEのように、Air-EDGEより通信速度が速く通信料金が安価になれば、さまざまな使用用途が増えます。そのネットワークを使ってさまざまなサービスが新たに生まれるでしょう。
ノートパソコンやPDAで、自宅や会社以外でデータ通信をしたい。携帯電話で動画を撮りながらそのままインターネットで配信したい。既に研究が進んでいますが、数多くある自動販売機などを一括操作したい。社内で有効活用したい。ワンコにカメラをつけて、犬の目線で散歩してみたい(笑)など………
このように携帯電話のパケット通信を利用して携帯電話以外のモノがインターネットに接続する事が促進されていきます。
新規参入組は「通信速度」「安価」「多様性」「安定性」などを武器にサービスを行う事で、[携帯型電話機]に付加価値をつけ、これから特需となる事業を展開するようになるでしょう。

◎一人が一つの携帯を持つとは限らない

新規参入とあわせて注目されているのが、ご存知MNP(モバイルナンバーポータビリティ)です。
電話番号をそのままに、他の携帯会社に乗り移る事ができる制度(MNP)が来年末に始まりますが、「MNPがあるから、新しい企業が携帯電話事業に参入できる。お客さんに他に移られたくないからドコモなどはサービスを良くして逃げられないようにする」と世間一般的に思われています。
確かにその通りですが、そのサービス競争は既存キャリア(ドコモ・KDDI・ぼだ)は既存キャリアで、新規キャリアは新規キャリアで行われると思います。
わかりやすい例として、家族みんながドコモを使っているから電話機能はドコモ。データ通信が安いからドコモのパケット定額は使わないでAir-EDGEという人もいますよね。ジローも現在は無理やりぼだのSH53とauのW31Tを利用しています。若干意味が異なりますが…携帯端末をひとり一台持つとは限らないし、これからはそういう人が増えていくでしょう。
そういう部分に新規キャリアの通信重視型端末が入り込んでくる事でしょう。

◎新規参入組のライバルはドコモか?

携帯事業に参入する事で、トップシェアを持つドコモは、顧客をを増やす上で重要なキーとなります。しかし、データ通信主体の面から見ると、「京ぽん」や「W-ZERO3」で人気を誇るウィルコム、公衆無線LANにはライブドア、WiMAXのYOZAN、もしくはWINとWiMAXを融合させる可能性のあるKDDIなど、戦場は拡大するばかりでしょう。
勝ち残るには、先ほど書いたとおり「通信速度」「安価」「多様性」「安定性」が必要になってきます。多様性には、もちろん価値あるキャリアに特化したサービスの事を指しますよ。
1年後、2年後には現在とは全く世界が変わっている事でしょう。


そういえばこの間、ネットサーフィンをしていたら「電話ロボット」というのが見つかりました。
ジローはよくわからないけど、「ロボットはっちゃん」という20年以上前の特撮ものに登場したロボットで、電話をしたいときに電話ボックス型のロボットが飛んできてくれるというもの。付加価値としては電話で家庭教師をしてくれるとの事。…そう、言い換えれば携帯電話だ。電話ロボットが一人一台になっていたら大変なことになっていたけれども…時代は進化と共に歩むものですね(笑)

最後はどーでもいい話になってしまいましたが、携帯電話事業が開始してから一番大型の事業再編です。どうなるか楽しみですね♪
posted by ジロー at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年はこんな携帯業界になる@

2005年ラストのコラムは以下のキーワードについて書いていきたいと思います。

@2006年の携帯業界
A新規参入企業
B一番躍進するキャリアは?


@2006年の携帯業界

2006年は携帯電話業界として過去最大の激動の年となります。
「新規参入」「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)開始」「固定電話網との融合(FMC)」「HSDPA開始」「モバHO!・ワンセグ開始」
簡単に書いただけでもこれだけ出てきます。また、携帯販売側から見てみると、国内キャリア・メーカーが海外への携帯輸出をさらに強化する反面、海外メーカー(モトローラ・エリクソン・ノキアなど)も日本へどんどん入ってきます。
日本人はヨーロッパなどに比べて国外へ頻繁に行き来する事が少ないので、ボーダフォンのように国際路線を突っ走るキャリアは受け入れられるのに時間がかかりますが、売るほう(NEC・シャープなど)は積極的に海外投資しています。国内で携帯電話を持っていない人を探すほうが大変な時代だからです。海外で人口が多い携帯後進国(ロシア・香港など)に投資して稼ぎ先を探しているんです。
ただ、日本の携帯モデルは世界で高く評価されています。あまり儲からないかもしれないのにボーダフォンが日本で頑張るのはそういう事です。
さて少し話がそれましたが、来年の前半は後半のためにゆっくり地盤固めがされます。

▼2006年前半
既存3キャリア(ドコモ・KDDI・ぼだ)が斬新な新体制・サービス等を展開してくると思います。また、個人ユーザだけでなく法人にも力を注ぎます。ボーダフォンは電話帳機能と業務システムの同期システム、KDDIが無線LANデュアル端末投入します。NTTがこれまでにない通信統合を行います(法律がからむ)。行政側の指針でGPS機能を強化されます。電話とパケットで別々の制御ができるシステムになり、災害時などで通信の軽いパケットが制御されない端末が出ます。1月からはモバイルsuicaがサービスイン、そして4月からはワンセグ開始となります。

▼2006年後半
新規参入キャリアが市場へのアプローチを開始します。10月にはアイピーモバイルが参入し、データ通信に特化したアプローチを展開。BBモバイル(ソフトバンク)とイーモバイル(イーアクセス)は年内にフィールド試験をほぼ終了させ、2007年の参入を目指す。ドコモはN900iL後継機を開発。11月にはMNPが開始される。この頃には各社サービス面、料金面でかなり激闘となるので、キャリアを変えようと思っている方はあと半年は考えましょう。

▼新機能続々
ワンセグ対応機種がまだ出てくると思います。各携帯でいろいろな機能に特化したものが出てくると思うので、考えて選んでください。Felicaに対応する機能も充実してきます。モバイルsuicaはその登竜門となるでしょうね。ウォークマン/iPod携帯が日本上陸を果たすかもしれません。スペックは、カメラは解像度より付加機能を重視され、ズーム機能や手ブレ補正などに力が入るでしょう。液晶は2.4型を超える大きいものが主流に、ステレオスピーカーも着うたなどで地味に機能アップ。またBluetooth対応の周辺機器が多くなってきます。…それに見合うバッテリーを積んで欲しいものですね…。

と@だけで長文となってしまったので、分けて配信する事にします(笑)
今年の配信はあと2回。楽しんで呼んでもらえるよう頑張ってまいります!
では、まずはこの辺で♪
posted by ジロー at 08:59| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

「11月1日までにあなたの一番愛する人をひとり決めておいて下さい」

「11月1日までにあなたの一番愛する人をひとり決めておいて下さい」

駅などの広告でこんなものが出回っています。そう、Vodafoneが新料金サービスとしてスタートする「LOVE定額」の広告ですね。
任意に決めた一人だけ、月額315円で通話もメールもし放題になる破格の定額サービスで、一気に話題が沸騰しているみたいです。

しかし、このキャッチコピーはまさに「30歳までにあなたの一番愛する人と身を固めておいて下さい」みたいに圧力のあるコピー。駅のデカい広告看板がさらにでかく感じてしまったのはジローだけでしょうか?
夫婦やお子さんと利用される方はいいですよ。付き合ってる段階でこのサービスを利用するとなると…ジローみたいな微妙な年齢だと婚姻届に1/3くらいハンコを押しちゃった気分になりそうで…考えただけでも気後れします(_W_;)

「ねぇ、一緒に『LOVE定額』入ろうよ」

Σ( ̄□ ̄;)/{え〜なんじゃそりゃ!?
ってな感じですね(笑)口に出すのも抵抗ありそうなネーミングは誰が考えたのでしょうか?(笑)

ま、まぁジローにゃそんな相手すらいないんだけどもすぁ…。まあ月に315円以上かかりそうな相手見つけて入ればいいんだけど、何せそれ以前に月の無料通話分すら超えないから…ジローには当分必要性はなさそうなんです。。

そうそう、この「LOVE定額」は別にお互いが同じ相手を指定する必要はないので、利用方法によっては片方だけが加入していても擬似的に定額制になりますよね。

しかし、この片方だけが定額を申し込むということは、いろいろな意味でアレですね。。。

※「あなたの一番愛する人」があなたを一番愛する人であるかどうか
…しかも相手があなたを別に愛してなかったら…あぁ怖い!
このネタは別のブログでもやってたのでおしまいにしよう。

※二番目に愛する人から「一緒に『LOVE定額』入ろうよ」と言われたら
…万が一そんな事になったらあなたの責任ですね。『LOVE定額』に入ってる事にして、死ぬほど請求を受けて下さい…。

※岡田くんが一番愛してるのが「ポチ」だったら
…う〜ん、、こんなこたーどーでもいいんだけどね(笑)

とまぁ近年稀に見る、色々考えさせられるような料金サービスの話でしたとさ。
posted by ジロー at 02:38| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

FMCとは?-電話のあり方

FMC(FixedMobileConvergence)とは、固定電話(主にNTT網)と携帯電話(広義の携帯電話)のサービス融合を目的とした総合的な考え方です。日本はこれから色々な機能やサービスが充実してくるものと思われます。
例えば以下のようなものがあります。

T:外で携帯、家で家電(いえでん)
先にドコモより法人向けに発売された「N900iL」がそのひとつですが、ひとつの携帯電話端末で屋内外両方利用できるようにする。
例えば、家ではNTTの固定電話網を使って3分8円あたりの値段で電話し、一歩屋外に出れば携帯電話の電波を用いて通信する。今までの携帯電話の利用法より屋内での電話料金をぐっと抑える事ができるということです。(N900iLは屋内内線網を無線LAN通信する)
※ドコモとauは今後数機種発売に向け開発中。
※ウィルコムが提供する音声通信の定額制があれば値段の心配はないが…今後どう社会が動くかによりますね…。

U:固定・携帯パックで安価
通信事業者をグループで分けるとこのようになっています。

・固定電話・携帯電話
@N T T・ドコモ
AKDDI・au/Tu-ka
B日本テレコム・ソフトバンク
Cなし・・・ボーダフォン

現在国内で始まっているのが、KDDIによる固定・携帯の料金一括請求や割引(小野さんがCMやってたっけ?)など、同じ事業者グループの電話、回線を利用する事で利用価格を相互で抑える事ができるようになる。もちろんここでTの屋内利用が可能な携帯電話を用いてスムーズに利用金額を一本化することもできると思います。

V:電話番号の統一
もちろんこれもTとUに関連しますが、屋内電話と携帯電話で利用する電話番号を同じものにする事で、屋内外どちらにいても同じ電話番号でかけられ、受けられる。
これは、日本では現在総務省が進める携帯向けIP電話思想にもありますが、将来携帯電話と無線LANによる通信で同じ電話番号を用いる事ができるよう整備している模様です。まーこれも2006年に予定されているMNP(MobileNumberPortability※いわゆる番号変えずに携帯会社を変えるヤツ)が実現すれば容易な事だと思われますね。

このように、FMCが浸透する事によって、ジローたちの生活がぐっと便利に向上するかもしれません。家のインターネットも使えるようになると便利なんだけど…それもやるとごちゃごちゃしちゃうかな…?将来、家の電気のヒモを屋内アンテナにして固定電話通信、家族みんな携帯電話しか持たずFAXはパソコンと融合なんて生活もありうるかもしれませんねー(゜o゜;){おー
posted by ジロー at 02:24| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

IS情報お引越ししましたー

ドメイン(iscp.jp)を取得し、サイトの引越しをすると言ってから半年が経ちました……
が、やっとこさ新IS情報(とりあえず版)を、下記のアドレスへ引っ越す事ができました…。

<旧アドレス>
http://dondyzm.hp.infoseek.co.jp/i/
<新アドレス>
http://iscp.jp/i/

とりあえず、見た目以外に変わる事はあまりありませんが、不要な広告もほとんど表示しなくて済むようになっていると思います(変な出会い系などのリンクが非常に目に毒でした)。
IS情報以外のヘッダ情報も少なくなって、携帯の方がアクセスする時は結構軽くなっていると思います。

迷惑メール対策室をご覧になった事がある方は気づく方もいると思いますが…思いっきり流用しています(時間がなかったから)。そのうち少しずつカスタマイズして、ブログとの連動性を高め、見栄えも良くなっていけたらいいなと思っていますので、どうぞ、新生IS情報をよろしくお願いいたします。

何かありましたら、ジローまでご連絡ください。

□□□□□□□□□□□
[・‥…IS情報…‥・]
[管理人:ジロー]
[Mail:isinfo@iscp.jp]
[URL:http://iscp.jp/i/
□□□□□□□□□□□
posted by ジロー at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

秋の動向

細々とした情報を。いっぺんにじゃないと出なそうなんで(_W_;)

▼FOMA701iシリーズ
そろそろです。根拠は…毎度ながら言えないっす。

▼FOMA902iシリーズ
シャープがJATE通過しちゃったけど、まだっす。

▼W32S/W32H価格
・W32S
〜6ヶ月:54285円
1年未満:21840円
2年未満:18690円
2年以上:16590円
・W32H
〜6ヶ月:52290円
1年未満:28140円
2年未満:24990円
2年以上:22890円
上記は参考価格です。発売時に変更される可能性があります。
機種詳細はW32S/W32H詳細を参照ください。

▼au新サービス
「EZ助手席ナビ」というのが9/8からスタートします。意味は読んで字の如く。Ezナビウォークとは別のアプリで、月額315円か、24時間157円で利用できます。

▼らくらくホンシリーズ500万台突破!
CMで知りました。らくらくホンU(FOMA881iES)も頑張って欲しいです。

▼V604SHどんなの?
V903SHのカメラ(3.2Mpix光学2倍ズーム)が載る話がありました。Felicaや地上波デジタルは載らず、基本的にはV603SH継承端末みたいです。噂です。

▼V703Nどんなの?
JATE通過情報でも言いましたが、たぶん802Nと同じで国内専用端末になりそうです。根拠はそんな話聞いてないからです。

まいどびびりで申し訳ないですが、なんかあったらまたちょい出ししていきますね。(また「他で出てる情報ばっかじゃんとか言われそう(_W_;)」)

最新情報はメルマガでお送りいたします♪
posted by ジロー at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

R25の無料情報ポータルサイトオープン!!

人生楽しくイ`!
R25の無料情報ポータルサイト


現代の25歳世代に向けて、リクルートが発行する無料マガジン「R25」。
25歳といえば、仕事を覚え、次にステップアップする。金銭的に充実し、お金の有効活用へ興味が出る。また私生活ではお金が充実することから趣味などで大人の遊び方へ発展するといった、成年→盛年→青年へと人生が一番動く世代だと思う。

そんな人生に脂がのり始めた世代に向けた情報誌が「R25」で、上で並べたような事項に関連する情報が掲載されている。
いつもマガやコラムでえらそーな事を言うジローも実は、現在発展途上の25歳。

SE/プログラマの傍らこうしてWebサイトの管理やバンドなど趣味にも没頭し、時間がいくらあっても足りない生活をしている。
本音では、「R25」の情報自体にはさほど興味はないが、ジローがこの雑誌に惹かれる要因は「刺激」だ。
この世代はさまざまなことに敏感に反応しやすいが、特に「R25」はターゲットが絞られ、ピンポイントに生き方、考え方、行動力というツボを刺激してくれるわけだ。

今回、発行元のリクルートが新たにオープンしたコンテンツは、この「R25」から派生したR25世代向け情報ポータルサイト、
R25式モバイル
http://R25.jp

このサイトはニュース・スポーツ・天気・検索からR25視点の特集など。さらに乗換え案内、地図検索、電話番号検索、占い、TV番組表、無料着メロなど、無料で他ジャンルにわたる情報が充実している。
そして、そのサブコンテンツ一つ一つが他の同ジャンル情報サイトとは違い「R25式」に構築されているのだ。
例えばスポーツ情報で、今日の野球の結果が見れる。
[阪神2−3広島]
ふーん、広島が勝ってるのか。あれ、今日の先発は?この3点どうやってとったの?これで順位はどうなるんだっけ??
試合結果を見て、それに関連する情報もそのまま閲覧できるようになっているのだ。

検索コンテンツは、自分の探したいキーワードを打ち込む事で検索できるオーソドックススタイル。ここでも、キーワードで検索した結果をジャンルに分けて細分化されているので、目当ての結果に行き届きやすい。
試しに「IS情報」というキーワードを検索してみた。おぉ!あるじゃないか〜♪
じゃあ、じゃあ、「迷惑メール対策室」は?こっちのがメジャーだからきっとあるよね♪…ってねーじゃんか!ちょっとくやしかったので登録しておきました(笑)

またR25世代が興味を持ちそうな話題でアンケートなどの特集も組まれている。
自分で欲しい情報をカスタマイズしてメルマガとして送ってくれるサービスもある。

これら全てが無料で利用できるわけだ(パケ代は別ね)。
いろいろな最新情報を絶えず欲しているジローは、ステーション機能の無い携帯はクソだ!と思っていたが、簡単な情報はステーションで、気になる情報はR25モバイルで探すようになっていった。
きっとみんなにも利用しやすいサービスがたくさん見つかる事だろうと思う。

あーこんなコラム書くの久しぶりだわー♪
みんなもなにか目ぼしいモノを見つけたら、ジローにも教えて下さい♪

posted by ジロー at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

2大キャリア一進一退の攻防!

7月末までの各キャリアの契約数は7月末契約数の通りです。こちらを先にご覧下さい。

ご覧の通り7月中の契約数は、500契約数差でauが辛勝しました。毎月入れ替わる首位攻防戦でデッドヒートも加熱する一方ですね。

4月首位ドコモ
5月首位au
6月首位ドコモ
7月首位au

所で、3G端末の契約数で言うと先に波に乗ったauが1900万台に到達しましたが、ドコモauの約4倍の純増数で猛追!もうじき1500万台に到達します。
この先どのように展開していくのか見てみると、auは9月に新世代に突入するおサイフケータイ2機種(WIN)、年内に対応機種を増やす方針です。一方ドコモは発売したばかりのプラスエリア対応機種と8月から市場に出る701iシリーズ、FOMA新規メーカーの三洋(SA700iS)と数で応戦しそのまま冬季902i商戦に持ち込む勢い。年内では激戦が続きそうですが、年間を通すと前半戦で成功したドコモに軍配が上がるのかな。

さて、さらに話を広げるとメルマガでも話した通り、KDDIは子会社だったTUKAと固定通信業者パワードコムを吸収合併する方針を固め、固定(家電)+モバイル端末という新しい業務形態(FMC)への体制化へ土台が着々とできてきています。
ドコモにも大企業NTTがいますが、こちらはKDDIと違って固定と携帯で別の会社。KDDIより融合に時間がかかる見通しです。こういった体制も含めてナンバーポータビリティ(MNP)制度へ突入するわけです。これからはあらゆる方向でのサービス戦も激化する事も予想され、ちょっとした動向も見逃せないですね。

そういった中で新規参入予定のソフトバンクや固定電話を失った国内Vodafone、PHS大手のウィルコムがどのように動くのかも非常に興味があります。以前のアンケートでMNP制度が導入されたら携帯事業者を変えると言ったアナタ!よぉーく考えて変更を決めましょうね(笑)

あー今回は来月の契約数予想をする時間がなくなっちゃいました…べらべら喋りすぎ?いちおー新機種攻勢でドコモ首位!という予想でお願いしますm(__)m

でわ〜♪
posted by ジロー at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

Wireless Japan 2005

すまーんです…。時間がないので撮ってきた(お粗末な)写真と共に少し話します。
※写真はケータイの機種により見れないことがあります。その場合はお手数ですがPCよりご閲覧くださいm(__)m

▼au おサイフケータイ
ポスター
W32H
W32S
おサイフケータイとして、そして先日報じたUIMカード搭載機として発表された2機種です。

Mobile Suica
このJRのゲートを使って実演を行っていました。
(すまん…実演中の写真を消してしまった…)

▼G'zOne(G-SHOCKケータイ)
G'zOne
G'zOne(折畳み時)
7/23発売予定のG-SHOCKケータイです。時間がなかったのであまりさわりませんでした…マガでロクな感想が出せなかったので、何もいえません(_W_;)
ジローはグルメリポーターに向かないな…。

▼燃料電池対応ケータイのモックアップ
外付けタイプ
内臓タイプ
これは製品化するものではなく、開発中のものを参考展示したようです。
燃料電池搭載ケータイについてはまた今度話しますね。

▼愛・MATE
愛・MATE@
愛・MATEA
これは愛・地球博で実際に会場スタッフが持ち歩いた情報端末です。もちろん通話機能もついてOSにWindowsを搭載したもの。オレンジはauのWIN端末でブルーは愛・地球博の専用カードを読み取ったりできるという。まあ大きいしある程度重いので、個人が持つようなものでは無かったですね。無線LANやBluetooth対応なので、利用方法によっては幅広い業種で利用できそうですが。。。

▼Bluetooth操作ロボット「Pirkus・R」
ロボット
なんだかよくわかりませんが、Bluetooth対応ケータイでロボットを操作するものだそうです。
もし買った方がいたら感想など教えて下さい(_W_;)

▼東芝ブース
おねーさん
V501T「ブル」
まぁ、おねーさんには興味ないんだが、ステージ下のケータイを見てたら、おねーさんたちが急に出てきたので、びっくりしてとってしまった。下のブルは、係員のおねーさんが首からぶら下げてたものをちょっといじらせてもらった時に撮りました。着ぐるみがあんなにやわらかいと思わなかったっす。
「ちょっとさわらせてくださいー」
「いーですよ♪」
「うぉーこんなにやわらかいんだー」
「笑」
「でもポケットに入らないですね(笑)」
「あっはは、そうですねー」
「すべりにくいから手に馴染むかわからんけど…」
「でも、このぐにょぐにょはケータイ落とした時でもショックを吸収しますよー」
あんまケータイらしい話ではなかったですが、これは一個くらいもちたい!と思ってしまった。

▼企業ブース
ドコモ
KDDI

いじょうでーす。
またもやこんなもんで申し訳ない(_W_;)
posted by ジロー at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ハセキョが603SH??

先日、久々に早く帰ったのでたまにはテレビでも見ようとスイッチを入れると…ちょうどドラマ「ドラゴン桜」が始まった。
「ドラゴン桜」は雑誌モーニングで連載中のマンガ。ちょーバカ高校から一人の弁護士が東大生を誕生させるといったストーリーで、ジローの好きなマンガの一つです。同じくモーニング連載中の「はるか17才」もジローが読んでいるもので、こちらも先日ドラマがスタートした。
なんか自分の好きなマンガや小説がドラマや映画化されるのっていいよねー。
…と、話がそれまくった…(_W_;)これじゃジロー話と変わらないからケータイの話に行きます。

で、その「ドラゴン桜」を見てたんだけど、長谷川京子演ずる女教師のもとに友人から電話がかかってきた、というシーン。
その手に持ってたのは…
あれ、これ603SHじゃんー。やっぱスポンサーがボーダフォンだから、出演者の使うケータイもボーダフォン端末なんだねー………って、ハセキョがボーダフォンのケータイ持ってるよ…。

ジローはこうゆー世界のことはよくわからんのだけど、ドコモが怒ったりしないの??
電車内に貼ってる広告では普通にFOMA P901iSを持ってる方ですのに…その広告塔以外の仕事やプライベートではそのケータイ事業者の端末に縛られるわけじゃないのかなー…う〜ん…と色々考えてしまった。

しかし…これで終わっちゃうんだけど、前回ハヤテ君が持ってたケータイの話の時より内容が薄いなー…。思いつきでコラムなど書いちゃダメってことだね…反省します。

▼コラムの題材はコチラです。
週間モーニング連載でドラマ化した「ドラゴン桜」第1話(小学館/TBS 金曜夜10:00〜)
posted by ジロー at 02:26| Comment(1) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ぼだ純増へ。(6月末携帯契約数コラム)

6月末までの各キャリアの契約数は6月末契約数の通りです。こちらを先にご覧下さい。

で、ご覧の通りauは一月天下でドコモが首位に返り咲きました♪
ジローはドコモの契約数はもっと伸びるとふんだんだけども…やっぱムーバからの買い替えが多いんだろうね。FOMAが伸びる分だけムーバが減る。そしてマクドナルドと同じで、値下げを多く取り入れたおかげでお客さんが増えても利益が増えるとは限らないのもまた現実。
これからはナンバーポータビリティに向けて、さらに新規事業者の参入によってますます激戦化するでしょうね。

さて、注目はもう一つ。
掲題にもある通りボーダフォンが月間の契約数を純増に戻しました。
以前、ボーダフォンは純増になるまでしばらく時間がかかるだろうと言っていましたが、端末力ではなくサービスの力で数を戻したみたいですね。
「メールしまクリ」「ウェブしまクリ」「電話しまクリ」の3種の神器を使って、どこまで企業としての信頼を強くできるか、プラスをキープする必要がある、ここからが正念場となるでしょう。
既存端末で新色を増やしたのも影響しそうですね。ジローの周りでも、603SHが新色を出したことで知り合いで603SHユーザーが5人目になりそうです。
その方は、
「ぇーちょーかわぃーケド、アタシらしくなくなくなぃ??これ下さ〜ぃ♪」
と、とてもうざかったです(笑)

<今月の予想>
D君+19万台
あう+17万台
V様 0万台

うーん、FOMAは901iSと安くなった900ixシリーズでまだ伸びると思うんだけどなぁ。auも新発売機種が多くなったし、首位を奪還できるか!?

新機種情報・最新情報はメルマガで!
posted by ジロー at 02:49| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

借金執事がA5511Tを購入?

「へ?ケータイ電話ですか?そーいえば持ってないですね」
「(不便だし)わかりました、さっそく買ってきます!!」

親に1億5千万円の借金を擦り付けられ、なぜか大金持ちの家に買われた16歳の執事、ハヤテ君は仕事に必要だからといっしょに働くメイドにお金をもらって携帯を買いに行く事になった。

これは2005/06/29(水)発売の少年サンデーにて連載中のマンガの話。
主人公の借金執事、ハヤテは一体どんな携帯を買いに行くのだろう?

「えへへ…せっかくだからいいの買っちゃった♪」
「今時のはこんなにカメラがキレーに撮れるんだ」
「ふーん、音楽を聞いたりもできるのか〜」
「アドレス帳の件数が千件だって。そりゃスゴイや」

ハヤテが手にしたのは、キャリアは[ou]とびみょーに伏せてあるが、どこからどうみてもついこの間発売されたハイスペックケータイ「A5511T」。新規の値段は大体1万8千円くらいだ。

…借金がある手前、普通はこんな贅沢なケータイは買わない。
この作者の性格からして、他の登場人物がツッコミを入れてくれるものだと思っていたが、その点はほったらかしみたい…。
カメラがキレーどころじゃなく、

・EZ着うた
・EZナビウォーク
・EZテレビ
・バーコード読取
・バイリンガル
・ボイスレコーダー
・その他サポート機能

…などなど、かなりの多機能ぶりだ。はたしてこんないいものを買う必要があったのか?通話料・通信料を考えると、ツーカーやウィルコムのほうがよかったのではないか?と思ってしまう。
しかもこの後は…

「(アドレス帳のメモリは)いらないけどね♪そんなに友達とかいないし♪」
…ズ〜ン(自爆)。
で終了してしまった。
ナビウォーク使うにも着うた聞くにも、基本的にお金がかかるというのに…もしこれらの機能を使わないのであれば、かなりもったいない。
…いや、作者はもしかすると、これをみて誰かがツッコミを入れてくれる事を期待しているのかもしれない。(まさか、自分が買ったから登場人物にも持たせてみたってだけじゃないよな…)

いつか取り上げたが、映画やドラマにはしばしばスポンサー企業のケータイが登場する事もあるが、「えーそんなにいいもの使わないじゃん…」と、ケータイを少しわかる人ならだれでも思ってしまう。
メディアにでてきたケータイというアイテムが、その中でどのように必要とされ、どのように使われるのかを見てみるのも面白いかもしれないね。

ハヤテ、最新のケータイ「A5511T」をちゃんと使いこなすんだぞ!

▼コラムの題材はコチラです。
週間少年サンデー連載の「ハヤテのごとく」37話(小学館:2005/06/29(水)発売)
posted by ジロー at 03:52| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
☆新機種の発売日・新サービスの導入日はメルマガで配信します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。