〓IS情報〓
携帯電話の最新情報などメルマガでお送りいたします♪

2009年04月01日

[速報]若田氏宇宙人からの応答メッセージを受信!?

本日未明、ISSにて長期滞在ミッションを行っている若田氏より「2年前、私たち人類の発信したメッセージに応答がありました」と発表があった模様。
状況的にはまだ不明な部分が多くあるが、これが本当ならば地球のほかに文明があるという推定に繋がるため、現在応答内容について「きぼう」実験棟内での確認を急いでいる。

宇宙への発信メッセージを開発したJAXAとNTTドコモでは、宇宙の何者かからのメッセージに期待と脅威が入り混じり、現在軍当局やNASAと対応策について検討中とのこと。
発信メッセージが開発、宇宙へ放出されたのは記憶に新しい2007年9月2日。
観測ロケットS-520-23号機の打ち上げの際に宇宙との交信用携帯電話と簡易基地局セットを切り離したものだが、この携帯電話セットの宇宙遊泳速度、方角、期間などを加味して相手の位置を特定することになるという。

宇宙に放出した携帯電話セットについてNTTドコモの戸田担当マネージャーは以下のように説明している。

「利用したネットワークは私達が地球で一般的に用いている3Gネットワーク(W-CDMA)と衛星電話ネットワークを組み合わせたもので、移動通信端末にはN905iに特別な仕様を施したもの」
「簡易基地局は移動通信端末と3Gで、宇宙への送受信は衛星電話を用いた無線ネットワーク設備」
「さらに地球と人類の文明の事をイメージと20の言語で説明したマイクロチップが付属されている」
「相手がある程度の科学力以上であれば基地局、移動通信端末、マイクロチップが何を意味し、どのように利用するのか理解できるのを想定している」

またあわせて送付されたメッセージの画像が公開されている。

20090401.jpg

このメッセージがどのような状況にあったものかは容易に想像できるが…
「オカケニナッタデンワハ デンパノトドカナイトコロニアルカ デンゲンガハイッテイナイタメ カカリマセン」

そりゃそうだ。。
宇宙からのメッセージと若田氏の今後の活躍が期待される所だ。

▼今回発表のプレスリリース
☆プレスリリース(PC推奨)

1.Apr.2006















上記記事は当然「」です。
4年連続で参加させていただきました〜♪
posted by ジロー at 03:14| Comment(0) | TrackBack(1) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

IS情報:vol.2115-日本版「iPhone」発売日決定!

日本版「iPhone」ですが、ソフトバンクより7月11日に発売すると発表されました。
アップルが同日、世界22ヶ国で第二世代となる「iPhone 3G」を発売するとの事で、時間軸の関係から、日本が一番早く発売できるようになります。

発表から1ヶ月で発売、かなりスピード感があります。

価格やその他の仕様はまだソフトバンクからは発表されておりません。
従来どおり3.5型マルチタッチスクリーンで直感的な操作となります。iPodを内蔵しており、iTunesを通した音楽データを利用できます。
通信環境としてはW-CDMAを主軸とした音声通話とデータ通信、Bluetoothや無線LANなどのパーソナルなネットワークに対応しています。
レガシーブラウザは搭載せずフルブラウザ(Safari)のみになると思われ、パケット定額制もそれに添う内容になりそうです。
さらにGPSを搭載した地図機能なども利用可能です。YouTubeももちろん利用可能です。

メールに関しては、通常のEmailに対応し、そのほかYahoo!メール、Gメールなどに対応、プロトコルはIMAPやPOPが利用できます。パソコンとの同期も可能です。
SMSにも対応。

またおそらく、ソフトバンクはアップルに基本料金の一部を支払う形になり、ユーザーにはリーズナブルな価格で提供できると思います。(アップルの発表では$199)
つまり、さほどうまみはないがユーザーが増える。
ソフトバンク独自のサービスにはほとんど対応せず、孫氏も「ホワイトプランには対応させる」との声明するほどソフトバンクサービスにはあまり浸透しない異色の端末となるでしょう。

まだ詳細が発表されないとなんともいえませんが、ガマンできなさそうな方は、とりあえず、まず予約してみましょう。
posted by ジロー at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

IS情報:vol.2110-ソフトバンク「iPhone」発売へ

ソフトバンクは国内にて「iPhone」の発売に向けアップルと契約に至った旨を発表しました。
今日はエイプリルフールじゃないっす(笑)
次期は未定ですが年内ということです。
posted by ジロー at 08:08| Comment(0) | TrackBack(1) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

IS情報増刊号-2008年04月01日号-iPhone日本発売速報!

≪今号の内容≫
@iPhone日本発売へ!
AソフトバンクがFULL FACE3を発表!
B自律動作型携帯電話の発表。
C編集後記


増刊号は長文です。Softbankユーザーで必要の無い方はこのまま破棄して下さい。

==========
@iPhone日本発売へ!

iPodを生んだアップルが、難航しているiPhone日本上陸をついに果たす時が来ました!
日本でアップル製品を展開しているアップルジャパンが、ソフトバンクモバイルの通信網を借り受け、MVNO(仮想移動体通信事業者)として4月中に移動通信事業を開始すると発表。
同事業サービス名称を「アップルモバイル」とし、同時に日本向けiPhoneを発表しています。

iPhoneといえば当初ソフトバンクやドコモが交渉に乗り出していましたが、アップルはiPhone専用の料金プランとiTunes上の各種手続きなどを行っており、キャリア主導で行われている日本の利用料金体系にそぐわないため、交渉が難航していました。
※厳密には、利用料金のうち一定額をアップルに支払わなければならないというアップル主導の契約が日本独自サービスとアンマッチ。

そこで柔軟な対応を見せたのがソフトバンク。
ショップ展開も提携するなどソフトバンクが全面的なバックアップを見せたディズニーモバイルとの前例を提唱し、サービスにおいてネットワークを貸し出してその上で自由な展開をアップル側に提案したとのことです。

またこれまでiPhoneは海外ではGSM/EDGEで展開されてきましたが、W-CDMAへの対応が完了し、独自OSのままの3G対応iPhoneで「アップルモバイル」を開始する運びとなりました。

▼iPhoneの仕様
アップル製スマートフォン。
マルチタッチスクリーン対応3.5型VGA液晶。
2メガピクセルカメラ搭載。
W-CDMA/GSM対応、海外利用可能。
無線LAN、Bluetooth2.0+EDR対応。EメールはIMAP4/POP3/SMTPに対応。
microSD/HCスロット搭載。
ワンセグ非対応。
音楽視聴はiPodのほか、YouTubeに対応。
スクリーン上のキーボード(QWERTY)でのUI操作。
SMSを用いたメッセンジャー機能搭載。
Safari(インターネットブラウザ)搭載。
115x60x11.5mm、135g。
4月中発売予定。

iPhoneはiPod Touchのようにマルチタッチスクリーン上でスムーズな操作を可能にしており、例えば親指と人差し指を画面中央において両指を開くように操作することで画像の拡大といったユニークな独自インタフェースを構築しています。

▼サービス料金
・ホワイトプラン(i)
980円/月
iPhone同士、ソフトバンク、ディズニーモバイル携帯電話へ1時〜21時まで国内通話し放題。
上記携帯電話との家族向け割引サービス「ホワイト家族24(i)」で家族内通話を24時間無料。

・Wホワイト(i)
+980円で他社宛通話料が半額。

・パケットし放題(i)
月額2058円〜11319円の定額制。

※iTunes Storeでの利用料金は別途課金、通話料金との同時支払い可能。

今後、日本国内でのサービス展開がますます注目されます。
IS情報での追加情報をお楽しみに!

▼プレスリリース
http://www.aprilfool.jp/

==========
AソフトバンクがFULL FACE3を発表!

ソフトバンクは人気のFULLFACEシリーズ第三弾として、FULLFACE3 923SH(USO800シリーズ製)を発表した。

同社はこれまでにもイートレード証券との共同で株ケータイ(920SH YK)やPANTONEとの提携で20色以上の機種数となった812SHなどの端末を発売していましたが、今回は携帯電話を外部に組み込んだ異色の端末となる。

さらに前モデルで大人気となったシャアザク仕様を今回も取り入れ、バンダイとの共同で923SH G TYPE-CHAR3の開発予定も発表した。

今回発表したFULLFACE3は本田技研やバイクヘルメットメーカー数社が参画しているUSO800との共同開発となっている。
※USO…Union-Softbank Organization

・FULLFACE3 923SH
シャープ/USO800製、バイクヘルメット型端末。
オートバイヘルメットでもっとも安全性が高いとされるSNELLM2005規格。
ディスプレイはシールドに内蔵された、携帯電話には初搭載となる全透過型フルワイド液晶。
バイク走行時の邪魔にならないよう、入念な画面設計が組まれているとのこと。カメラはAF付き3.2メガピクセルで光学2倍ズームに対応、シールド上部に取り付けられている。
またGPSにも対応しており、シールド内蔵液晶を生かしたリアルタイムナビ機能が搭載されている。
操作部であるbluetooth対応リモコンはバイクハンドル部などに簡単に取り付けられる仕様。

カラーは白、アルミナシルバー、アルミナグレー、パールブラックやライダーモデルなど計13種類、サイズは(53‐54)(55‐56)(57‐58)(59‐60)(61‐62)が用意されている。

発表会壇上では「車ではカーナビがハンズフリーを実現している。バイクのライダーにも走行中のナビや通話など快適なサービスを受けていただきたい」と語る一方、取材陣からは「走行中以外はどうするんだ?」など厳しい質問が飛び交っていた。

▼製品写真
・FULLFACE3 923SH
http://iscp.jp/i/pic/20080401_1.jpg

・923SH G TYPE-CHAR3
http://iscp.jp/i/pic/20080401_2.jpg

▼プレスリリース
http://www.aprilfool.jp/

==========
B自律動作型携帯電話の発表。

世に斬新な端末を作るUSO800が、ロボット光学研究所との共同開発により、自律動作型携帯電話「USO-0401 ケー太」を開発したと発表しました。

この「ケー太」はユーザーからの操作による動作以外に、携帯電話自身が持つ人工知能により、利用者に合った快適なサービスを提案するというもので、「おしゃべり」機能によりケー太との対話型アプローチや取り付けられている手足を用いての自律移動・動作が可能となっている。

ケー太との対話型アプローチは、携帯電話内データの紹介やメール作成はもちろん、プリインストールされたゲームの相手、さらに人生相談や家庭内冷戦状態からくるストレスの発散、ケー太が自分で一生懸命考えた曲を歌って聞かせてくれるなどといった癒し系アプローチ、また絵本を読んで聞かせてくれたり広辞苑などさまざまな辞書からユーザーの言うとおりのデータを教えてくれるデータブックアプローチ、友情、愛情、野望、願望、妄想のお手伝いや相手をしてくれるマインドアプローチと、多様なニーズにお応えしてくれる。

ただ、ケー太は機種ひとつひとつオリジナルの人格が宿っており、いびきがうるさい者やあがり症な者、人との付き合いが大嫌いで家に閉じこもってしまうものもいるとの事で、ケー太とのコミュニケーションには苦労も伴う面もある。

ケー太は万能な携帯電話という枠から飛び越え、長所もあれば短所もある人間と同じで、人と人との付き合いを考えさせられる端末なのだ。

ケー太の創始者はこう語る。
「ケー太が人々のよりどころになってくれれば世界に平和をもたらします。言われたことだけを実行する現在の携帯電話は、冷たい金属にすぎない。ケー太とお友達になり、楽しい人生をエンジョイしてください。ケー太がいれば金運がアップして女の子にモテモテ、こんな楽しいこと他にないじゃないですか?」

ケー太が携帯業界で話題を呼ぶのは間違いなし、発売日が待ち遠しいですね♪

▼ケー太(画像)
20080401_3.jpg

▼プレスリリース
http://www.aprilfool.jp/

==========
C編集後記

ひさびさの増刊号で最新機種がずらり勢ぞろいということになりました。
それとお願いがあります。
今年は怒りのメールをよこさないで下さい○rz

4月1日なんで(笑)
そうです、今日はエイプリルフールなので、上記情報は真っ赤なウソです。ごめんなしあ(^^;)
日本でのiPhoneについては各キャリアとアップルにて協議中とされています。
もちろんiPhoneの国内販売について追加情報があれば随時IS情報メルマガにてお伝えいたしますので、今後ともよろしく○rz
ケー太の画像は眠い目をこすってがんばって作りました。

というわけで、せかっくのエイプリルフール、みなさんもお知り合いの方と楽しんでくださいね〜

▼ご意見・ご要望はコチラ!
http://iscp.jp/i/mail.php

□□□□□□□□□□□
[・‥…IS情報…‥・]
[管理人:ジロー]
[URL:http://iscp.jp/i/
□□□□□□□□□□□
posted by ジロー at 02:55| Comment(0) | TrackBack(3) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ドコモが迷惑メール対策強化。なりすましメールなど拒否機能追加。

ドコモは迷惑メール対策機能の拡充として、11月から「なりすましメール対策」「ドメイン指定拒否」「かんたんメール設定」サービスを開始する。

▼なりすましメール対策
なりすましメール(送信元情報を詐称したメール)の拒否が可能となる。
すでに他社では導入されているが、これにより送信者メールアドレスが書き換えられているようなメールを拒否することが出来る。
設定は「拒否しない」「存在するドメインからのみ受信」「すべて拒否する」の3パターン。
利用開始は11月より、無料で提供される。

▼ドメイン指定拒否
メールの送信元アドレスに、指定したドメイン部分(メールアドレスの@以降部分)が含まれる場合に、そのメールを拒否する機能。ユーザがドメインを指定して設定する。
利用開始は11月より、無料で提供される。

▼かんたんメール設定
迷惑メール設定は、上記以外にもさまざまなものがあり、どの設定を使っていいのかよくわからない、またはいろいろ設定しすぎて、実際になにが受信できているのかよくわからないという人のために、迷惑メール設定を簡素化できる機能。
設定には下記のようなものがある。

・キッズオススメ
携帯、PHSを利用するユーザ間のみの通信となり、特定のURL付きのメールは拒否される。

・受信拒否(強)
携帯、PHSを利用するユーザ間のみの通信となり、特定のURL付きのメールは拒否される。

・受信拒否(弱)
送信されたすべてのメールが受信可能だが、特定のURL付きのメールと、送信元アドレスが実在しないドメインの場合は、受信が拒否される。

かんたんメール設定の利用開始は11月より、無料で提供される。
posted by ジロー at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ドコモがiモードメールにおける受信制限条件変更

ドコモはiモードメールにおける迷惑メール対策の一環で、iモードメール大量送信者(200通/日)からのメール受信制限を提供しているが、11/20よりこれを緩和し、200通/日から500通/日に変更すると発表。

この機能はユーザーのオプション設定(iMenu)であり、デフォルト設定は「拒否する」となっている。

ジローとしては、キャリアが勝手に数字を変更するのではなく、たとえば200通/日という選択肢を残しつつ、デフォルトを500通/日にするとか、そういう処置が必要なのではないかと感じる。

ユーザーとしては、利便性を考え他の迷惑メール対策を講じていない方もいる中、この変更によって迷惑メールが増えるのではと危惧しかねない。

また、iモードセンターにおけるメール受信条件の変更を以下のように変更すると発表。

@ドメインの最初の文字がアルファベットや数字、一定の記号であること。
Aアカウント部分およびドメイン部分に2バイト文字、または半角カナ文字が含まれていないこと。
Bアカウント部分で65バイト未満、またはメールアドレス全体で256バイト未満であること。

この変更も11/20より行われる。
posted by ジロー at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ドコモからWindowsMobile搭載FOMA発表!

ドコモはWindows Mobile6.0を搭載したFOMA2機種を発表した。

Windows Mobileは今春にMicrosoftが発表したモバイル端末向けOSで、「Outlook Mobile」「Internet Explorer Mobile」「Windows Media Player」などのアプリケーションや、HSDPAに対応しパケット高速通信でPC向けサイトなどの閲覧が可能。

ちなみに発売時期は2機種とも2007年度第4四半期とのこと。

▼F1100
富士通製スライド型スマートフォン。2.6型半透過TFT液晶。131万画素CMOSカメラ、無線LAN搭載、microSDカードスロット、バーコードリーダー機能、Bluetooth搭載、ユーザーが機能を割り当てることの出来るワンタッチキー(x4)、指紋認証、112x51x16.9mm、130g。
法人ユーザーを強く意識した仕様になっており、さまざまなセキュリティーサービスにも対応予定となっている。国際ローミングには対応していない。

▼HT1100
HTC製スライド型スマートフォン。2.6型TFT液晶。microSDカードスロット、200万画素CMOSカメラ、10万画素サブカメラ。Bluetooth対応、Office Mobile搭載、国際ローミング(W-CDMA、GSM、GPRS)対応。FMラジオ搭載、タッチパネルで3Dキューブメニューを回転させ操作する「TouchFLO」対応、時刻や天気、ランチャを表示できる待受け画面「HTC Home」搭載、YouTubeなど動画コンテンツをストリーミング再生できる「ストリーミングメディア」搭載。107x55x16.5mm、120g。

こちらからは、以上です。
posted by ジロー at 15:39| Comment(9) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ドコモも初年度から基本使用料半額を実施!ソフトバンクも追随!

ドコモは6/26に発表(vol.1840)し9月より提供開始予定だった「ファミ割MAX」「ひとりでも割」を、初年度から最大の50%割引が適用される内容に改定すると発表。
また改定するにあたり、サービス名称も変更する。

ソフトバンクもこの発表を受け、今回も公約どおりブループランにおいてドコモと同内容のサービス改定を行うと発表。こちらは9月からサービスイン。

KDDIは7月19日に同様のサービスを発表(vol.1873)しており、ソフトバンクもオレンジプランで対抗サービスを発表していた。

今回のドコモの発表は、KDDIに対抗するためとも取れ、他社が9月サービスインなのに対し、ドコモは先行で8月22日より開始する。
いままでの姿勢とは異なり料金戦略を柔軟に切り替えていくという「ドコモ2.0」の強い意志が伺える。

☆ドコモのサービス改定内容

▼ファミ割MAX50
ファミリー割引契約者に対し、2年間の継続利用を条件に、継続利用年数にかかわらず基本使用料が一律50%引きとなるサービス。
8月22日申し込みスタートで、同日より適用される。(家族内メール無料、通話料30%引きは9月から適用)

改定前は、家族内で継続利用年数が最も長いユーザーの割引率をファミ割加入者全員に付与する内容で、11年以上継続利用すれば50%割引というものだったが、加入と同時に50%割り引きが適用されるようになる。

▼ひとりでも割50
ファミリー割引に契約していないユーザーでも、2年間の継続利用を条件に、継続利用期間にかかわらず基本使用料が一律50%引きとなるサービス。
8月22日申し込みスタートで、同日より適用される。

改定前は、加入初年度は37%割引で段階的に割引率が上がり、11年目以降で50%引きとなる内容だったが、加入と同時に50%割引が適用されるようになる。

☆ソフトバンクのサービス改定内容

▼家族割引MAX50
ドコモのファミ割MAX50と同様、初年度より50%割引となるサービス。
家族割引MAXから改名している。ブループラン専用。

▼自分割引50
ドコモのひとりでも割50と同様、初年度より50%割引となるサービス。
自分割引から改名している。ブループラン専用。
posted by ジロー at 14:47| Comment(0) | TrackBack(1) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

KDDI/ソフトバンクが法人向け新プラン提供

KDDIはau携帯電話の法人向けに、新料金プラン「法人MY割」「法人エコノミープランWIN」の提供を開始する。

またソフトバンクはこの発表を受け、24時間以内の対抗サービス発表を実施し、「法人自分割引」「法人エコノミープラン」を9月より開始すると発表した。

▼au新料金プラン

・法人MY割
法人1回戦の契約でも2年間の利用継続を条件として、基本使用料がお幅割引となる。割引率はCDMA1X WINで初年度から36.5%引きで毎年徐々に上がり、11年目以降は50%割引となる。CDMA2000では年割適用からさらに25%割引となる。

7/17より受付、7月利用分より適用開始。

・法人エコノミープランWIN
2年間の継続利用を条件として、平日の通話料金(8時〜19時)が21円/分、それ以外の時間帯は50.4円/分、月額使用料が1890円のプラン。また手続き上、デイタイムプランWINと法人MY割への契約が提供条件となるが月額料金に割引は適用されない。

同プランは、指定割、ダブル定額、パケット割引WINとの併用が可能。
7/17より受付、8月利用分より提供開始となる。
どうも法人にも好評なホワイトプラン+Wホワイト(計1960円)の方がおトク感がある。


▼ソフトバンク

・法人自分割引
KDDIの「法人MY割」対抗プランで、同じく法人1回線から、2年単位の継続利用が条件。
オレンジプラン(W)で付加の場合は初年度から37%割引となり、11年以降は50%割引となる。
さらにオレンジプラン(X)でも対応し、こちらも割引設定はKDDIの同料金プランとほぼ同じとなる。
本プランは9月より提供開始。

・法人エコノミープラン
KDDIの「法人エコノミープランWIN」対抗プランで、ソフトバンクでもオレンジプラン(W)利用者向けに法人1回線から、2年単位の継続利用を条件として平日昼間(8時〜19時)の通話料金が21円/分、それ以外の時間帯は50.4円となる。月額1879.5円で提供される。

法人自分割引と同じく、9月より提供開始。


※KDDI、ソフトバンク共に契約期間中に解約する場合は、解約金として9975円が必要となる。
posted by ジロー at 04:52| Comment(1) | TrackBack(1) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

お知らせ

突然ですが、
当方のメール受信環境に問題が発生し、しばらくはIS情報、迷惑メール対策室、Fisherman5へのお問い合わせに関して、返信できません。

問題が復旧次第、順次返信させていただきますので、ご理解の上、ご了承ください。

▼追記
2007/06/20復旧いたしました。
お問い合わせには順次返信させていただきます。
posted by ジロー at 10:32| Comment(3) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ソフトバンクが月間純増数でトップに。

TCAより5月の携帯電話契約数が発表されました。

各社の今月の契約数は以下の通り。

▼ドコモ
今月:+82,700件
累計:52,769,600件

▼KDDI
今月:138,500件
累計:28,576,200件

▼ソフトバンク
今月:162,400件
累計:16,234,500件

ということで、なんとソフトバンクが月間純増数でトップとなる快挙。
TCAが契約数の発表を始めて10年以上経つが、Jフォン、ボーダフォンと成し得なかった純増初のトップとなり、KDDIのほうは純増トップが9ヶ月連続のところでストップとなった。

・3ヶ月の純増動向

▼ドコモ
3月:+29.8万件
4月:+6.6万件
5月:+8.3万件

▼KDDI
3月:+53.0万件
4月:+24.9万件
5月:+13.9万件

▼ソフトバンク
3月:+12.7万台
4月:+16.4万台
5月:+16.2万件

ソフトバンクはホワイト家族をスタートし、ドコモは新機種投入、KDDIは加入キャンペーンのみで、5月の落ち着き時期を回避できなかったという風にとれる。
実質的にはソフトバンクは契約数の伸びを「維持」したことになり、au単体では22万契約とソフトバンクを上回るが、これで他社と肩を並べる形が整い、原動力となるホワイトプランがあり、ここからは三つ巴のシェア争いになる。
posted by ジロー at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ソフトバンク2007夏機種発表!

ソフトバンクは2007年夏商戦向けケータイ13機種を発表しました。
この2007年夏機種のテーマは「Style」。
ソフトバンクはワンセグに始まり、薄型ケータイに注力し、カラー数を増やしましたが、それをある意味統括するのが、かっこいい、使いやすい、自慢したいケータイという「Style」。
孫社長の熱い思いが込められたテーマです。

▼FULLFACE 913SH
シャープ製、薄くてスタイリッシュなワンセグケータイ。キーが全て隠れるフルフラット&フルスライド型。国内専用モデル。2.8型WQVGA液晶。200万画素カメラ、11万画素サブカメラ。8色のカラーバリエーション。50x108x16.8mm125g。7月下旬発売予定。

▼912T
東芝製、ステンレスボディ&スウィーベル(折畳み+液晶部がひっくりかえる)タイプ。ワンセグ搭載。microSDカードスロット搭載、AF付き324万画素CMOSカメラ。カラーバリエーションも7色。49x103x16.8mm135g。8月上旬発売予定。

▼912SH
シャープ製、アクオスケータイ第3段。国内専用モデル。サイクロイド式ヒンジ。3Gハイスピード対応。3型WVGA(480x800)液晶、0.8型有機EL、AF/手ブレ補正付き320万画素CCDカメラ、microSDカードスロット。カラーは6種類。50x108x23mm144g。6月上旬発売予定。

▼814T
東芝製折畳み機種。国内専用モデル。チタンボディー採用。AF付き196万画素カメラ。S!Felica対応。セキュリティ機能各種。2.4型QVGA液晶。0.8型有機EL。microSDカードスロット。50x101x12.9mm97g。

▼816SH
シャープ製スライド型。3Gハイスピード対応。2.2型QVGA液晶。AF200万画素カメラ。microSDカードスロット。カラーは6種類。Bluetooth搭載。48x101x15mm台、95g以下。小さいスライド型。9月上旬発売予定。

▼810P
パナソニックモバイルコミュニケーションズ製、フラットスライド型。Bluetooth搭載、国際ローミング対応。2.4型QVGA液晶。200万画素CMOSカメラ、microSDカードスロット、カラーは7種類。51x109x12.9mm112g。6月中旬発売予定。

▼814SH
シャープ製の折畳み。国際ローミング対応。押しやすさ重視のアークリッジキー搭載。3Gハイスピード対応。これまでより性能が上の2.4型VGA液晶搭載。0.8型有機ELサブ。200万画素カメラ。microSDカード対応。Bluetooth対応。S!Felica。カラーは5種類。49x99x18mm110g。7月上旬発売予定。

▼815SH
シャープ製の折畳み、機能や仕様は大体814SHと同じだが、814SHが女性向なのに対し、815SHはストロングメタルデザインを採用で男性やビジネスシーン向けとなっている。7月上旬発売予定。

▼805SC
サムソン製薄さ13.5mmの世界最薄スライドケータイ。ワンセグ搭載。国内専用モデル。3Gハイスピード対応。2.12型QVGA液晶。200万画素CMOSカメラ。microSDカードスロット。51x100.6x13.5mm101g。カラーは4種類。6月中旬発売予定。


▼GENT 812SHs
シャープ製折畳みケータイ。基本機能・仕様は春機種の812SHと同じ。↓
http://isinfo.seesaa.net/article/32126903.html
だが、熟年層向けにでか文字メニューや文字フォントを採用。アークリッジキーの搭載。7月下旬発売予定。

▼Windowsケータイ X01T
東芝製スマートフォン。WindowsMobile6ProfessyonalEdition(日本語版)搭載。3Gハイスピード、国際ローミング対応。ビジネスシーンの為の各セキュリティ機能。MicrosoftOfficeやIE、Outlookなどお馴染みのソフトがプリインストールされている。3型WVGA液晶、キー部はスライド式、197万画素CMOSカメラ搭載、Bluetooth対応。miniUSB、miniSDカードスロット搭載。無線LAN対応。61x119x21.5mm198g。カラーは白と黒の二色。8月中旬発売予定。

▼Windowsケータイ X02HT
HTC製スマートフォン。WindowsMobaile6StandardEdition(日本語版)搭載。3Gハイスピード対応、国際ローミング対応。ストレートタイプでフルキーボード(QWERTY)採用。Bluetooth搭載。miniUSB、miniSDカードスロット搭載。無線LAN対応。2.4型QVGA液晶、200万画素CMOSカメラ搭載。カラーは3色。7月下旬発売予定。63x114x13.9mm120g。他のスマートフォンより安そうだけど、ちょっと小さすぎるかもですね。

▼fanfun 815T
東芝製、フルコーディネートケータイ。本体表面の各パネルや画面・操作キー部のシートなど2億4千万以上の組み合わせでコーディネートできる国内専用モデル。背面液晶下部にあるイルミネーションライトもコーディネートできる。また人気キャラコラボレーションとしてキティやスヌーピーモデルも登場。2.4型QVGA液晶、0.8型有機EL(サブ)、AF196万画素カメラ、microSDカードスロット、S!Felica、顔認証などのセキュリティ機能。基本カラーは12種類。50x102x16mm107gと薄型。7月中旬発売予定。
posted by ジロー at 07:50| Comment(3) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

KDDI、au2007年夏商戦機種発表会メモ

※発表会をみながらメモしたものをそのままアップしています。
※誤字脱字などあるとおもいますが、ご了承ください。

▼KDDI au 新商品発表会

みなみきょうこさん
執行役員コンシューマ事業統括本部長
高橋誠

・サマーコレクション
新しいライフスタイルの提供
「私のこだわりをもっと豊かに」を支援・提案していく。

・考え方
1:充実のワンセグラインナップ
2:ブランドとのコラボXケータイ
3:ケータイXライフスタイル

・ワンセグラインナップ
既存14機種+今回7機種の21機種でトップ
購入の決め手がワンセグとデザイン。放送サービスに積極的なauをアピール。

・ウォータープルーフ・ワンセグ(風呂でもつかえる)
W53SA(IPX5)、W52CA(IPX7)

・スリムワンセグが3機種
W52SH,W53T、W52SA

・ハイパフォーマンス・ワンセグが2機種
W54T、W52H

・ブランドケータイ
ウォークマンxケータイ
音楽というイメージのauとして取り組んでいく。
ウォークマンケータイW52S
2GBのメモリ。110時間スタミナ連続再生。高温室。FMトランスミッター搭載。

・写真へのこだわり。
EXILIMケータイW53CA
515万画素。手ブレ補正、記憶色補正。

・EPSONxau、「モバプリ」
ケータイで撮った写真、ダウンロードした画像などをプリントアウトできる。

・W52P
パネルを重ねてカスタマイズできる。
・W53S
100種類以上の着せ替えが可能。カスタマイズ可能。
・W44KU
・A5526K
・A5527SA
・簡単ケータイA5528K


・サービス
・GPSケータイ
StandaloneGPS:圏外でも利用可能
SVG地図&地図ビューア:多彩な用途とコンテンツバリエ-ション
・災害時ナビ
日本全国の広域避難所マップをデータフォルダにプリセット、圏外利用、帰宅支援マップ(有料DL)
・EZガイドマップ
地図ビューアーとDLサービス連動
・adidasコラボ
「GPSRUN」(アプリ)CMでやっていた、ケータイと走って歩行距離、日時、目標などを設定、
できる。
・Touch Message
Felica同士タッチで通信。

・ラッピングメール
開封する前に、送信者の気持ちをビジュアルで伝える事ができる。(ドコモのやつ?)

・mobile fashion
人気ブランドとケータイとのコラボレーション商品などを。


▼質疑応答
・ジャーナリスト
Q:災害時ナビ。地図ダウンロードの更新はどういう形なのか?自動的に?
A:頻度は不定期。決まり次第、災害時のナビサイトで発表。ユーザーが自分でやる。
Q:EZガイドマップ。EZナビウォークとの関係は?
A:助手席ナビなどはナビウォーク、現地でのガイドにガイドマップを利用。
Q:タッチメッセージ。春商戦機種の対応は?(Faver2.0対応機種は全部対応?)
A:夏機種以降、標準化していく。ドコモともやり取りできる。春機種は切り捨て。
・ケータイWatch
Q:スタンドアロンGPS。さまざまなサービスが考えられるが今後は?
A:災害時に使えるというものを主軸において、サービス展開していく。
Q:ドコモ2.0を歓迎すると言ったが、他者の抗戦についてファッション性が中心?
A:夏はワンセグが中心。ブランドなどの新しいアプローチをしていく。
・???
Q:スマートフォン。KDDIはない。今後は?
A:スマートフォンは検討している。
Q:コラボケータイが本物志向で、これまでは「なんちゃって」という話だったのに
それが変わったのか、今後は?
A:信念は変わっていない。ケータイらしさの中で、ケータイとブランドの主軸を逆転。
今後はなんちゃってはよくよく話し合っていきたい。
・日経ネット
Q:薄さ。SBが打ち出し、ドコモも。マーケティング的には薄さはあまり…ということ?
A:薄いに越した事はない。機能を削ってまで薄さを使うよりも、使えるものを重視して
その上で薄さを追求。
Q:これまで小野寺さんなのに、高橋さんになったのは?
A:深い意味はない。
・???
Q:スマートフォン。近いうちにスマートフォンを発表する計画があるか?
A:時期についてはコメントできないが、近いうち。開発はしています。
・フリーランス
Q:EXILIMケータイ。5Mカメラ。メール添付の容量を増やす予定は?
A:ネットワークの問題があるが、REV.Aは今後検討していく予定。
Q:REV.A。
A:今回発表の中にREV.Aはない。秋から増やしていきたい。
・日経新聞
Q:MNP。夏商戦としてはどう向かっていくか。
A:夏に向けてサービス・機種など新しい取り組みをやっているので、MNPをもう一度
揺れ動かしたいと言うスタンス。
・日経マーケットアクセス
Q:KDDIとしてはメーカーにいかに魅力的な端末を出してもらう為の努力をしているか。
メーカーは苦しい展開で黒字が難しい状況です。
A:パートナーであるメーカーさんに儲かってもらえるよう、十分話をしている。
メーカーには無駄のない開発をしてもらうために、開発を軽減できるようなプラット
フォーム作りなど、よりよい関係を作っていきたいと思っている。


posted by ジロー at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク2007夏機種発表会メモ

※発表会をみながらメモしたものをそのまま載せています。
誤字脱字などあるかもしれませんが、ご了承ください。

▼ソフトバンク2007サマー
ソフトバンク2007年夏機種記者発表会

ノーネクタイの孫さん

Styleがテーマ

薄くて機能が優れてて、ライフスタイルに会っている。


▼ワンセグ
・部厚くかさばるイメージを払拭し、薄くてスタイリッシュなワンセグケータイ

FULLFACE913SH
フルフラット&フルスライド
スライド
ワイヤレスヘッドセット

▼912T
ステンレスボディ
スウェーベルタイプ
ワンセグ最薄(5/22現在)
S!Felica搭載

▼912SH
アクオスケータイ3rd
3型VGA、HSDPA対応

▼814T
チタンスリムケータイ(日本初)
S!Felica搭載
薄くて使いやすい

▼816SH
コンパクトスライダー
HSDPA対応

▼810P
フラットスリムスライダー
12.9mm
国際ローミング対応
薄くてスタイリッシュなケータイと強調

▼814SH
アークリッジキー、デザイニングなおうしつ感
VGA液晶
国際ローミング対応
女性向けの美しいデザイン(と孫さん)

▼815SH
VGA液晶
ストロングメタルデザイン
HSDPA対応
国際ローミング対応
ビジネスマン志向

▼805SC
手のひらワンセグケータイ
13.5mmのスライドワンセグ(世界最薄)

▼GENT 812SHs
機能をそのままに使いやすさを追求
熟年向けに薄くてもじが見やすい
押しやすいキーパットを対応
シンプルメニュー


・インターネットスタイル
▼Windowsケータイ X01T
3WVGA液晶
HSDPA
WindowsMobile6.0

▼Windowsケータイ X02HT
フルキーボードストレートモデル
S!メール対応
WindowsMobile6.0

・マイクロソフトのヒトが登場
みなさんこんにちは、えいごでお願いします
カナダ出身ですが、大変素晴らしい携帯業界の日本で展開されて
日本はケータイのリーダーで、ソフトバンクもしかりです。後衛です。
ウインドウズモバイルが日本シーンにおいて受け入れられたことが嬉しいです。
ビジネスマンに、バランスの取れた
孫に同感で、全てはスタイルに集約される。そういうケータイが欲しいと思うし、
もって欲しい。
ディズニーのケータイはビジネスマンには必要なく、スタイルのよいものが必要とされる。
あ〜もーめんどくせ。
とにかくウインドウズモバイルは素晴らしく、ビジネスに最適で、独自のソフトを使え、
セキュリティもよく、通信を通じてさまざまなシーンに用いる事が出来ますよ、と言って
いました。

・新サービス
自分の見たい動画が見たいときに見たいだけ見れるサービス。

ヤフー動画がY!で本日からスタート
1000タイトル以上が無料で見られる。

・開発コストをかけずにどうやって素早く揃えていくか
・プラットフォームに着いて
・POP-i(ポパイ)
オープン型のプラットフォーム、各社が開発導入している。
メーカーごとに異なったチップセット、
ソフトの開発コストが高く、グラフィック性能も求められる昨今、
オープンコードとして、開発しやすい環境でソフトを構築できる。


・パーソナルスタイル
一人一人のスタイルに合わせてケータイが変わる。

▼fanfun. 815T
フルコーディネートケータイ
スタイルに合わせてコーディネートできる。
2億4千万パターン以上(実質的には無限大)のコーディネート
300種類のパネルカスタマイズが可能。
S!Felica
パネルの表、裏、キー部分、ケータイの中、イルミネーションを含めて

+人気キャラコラボレーション(キティモデル)
+人気キャラコラボレーション(スヌーピーモデル)
孫さんは(頭が薄く)チャーリーブラウンと呼ばれたり?

ソフトバンクスタイルはとにかくかっこよくスタイリッシュ
ブラピやキャメロンディアスのように
夏はクールにスタイリッシュに



▼質疑応答
・フレーバンス
Q:ヤフー動画、PCとは全く別?それとも連動している?
A:野球の1分間ハイライト、ニュース、ケータイでオンデマンドに見るために意識。
パソコンでも見れるようにはしたい。
・日経BP
Q:ポパイ、KDDIのブルートと同じカンジなのか?これから開発するのか?
A:KDDIのBREWはクアルコムのOSではあるが、ポパイは異なったメーカーに横に対応でき
るように、OSにまたがって覆いこむようなプラットフォーム。
よりオープンなソフトウェア開発資産。
来年の機種から採用となる。
・???
Q:ポパイ。オープン性とは、日本のケータイ全般向けなのか、ソフトバンクに閉じている
のか。Symbianなどとの関連付けは?
A:他の事業者からの希望があれば、仕様を公開していく。アプリケーション開発のための
配慮で行く。他OSとの関係も含めてカバーしていく。
・日経新聞
Q:スマートフォン。このタイミングとなる理由は?これまで定着しにくいと言われていたが
さらに法人中心でなのか?
A:必ずしも法人中心ではあるが、必要なヒトには広めていく。
・フリー
Q:auはライフスタイルを主張したが、ソフトバンクがこのタイミングでスタイルとは?
A:ワンセグ、薄さ、カラー数で追求してきたが、その次はケータイそのもののデザイン
機能だけではなく、スタイルにこだわる。高機能でスタイリッシュとなるようこだわる。
・日経マーケットなんちゃら
Q:データARPU。ヤフー動画などはあるが、データARPUを上げるのは?ハードに依存しにくい
のではないか?ハードに依存しないサービスを展開するのか?
A:ユーザーはコンテンツが揃っていろいろできるというのを望んでいるのではないか?
あくまでもハードとサービスは分けて、提供していく。使いやすいケータイを提供。
端末に依存しないでコンテンツを楽しめるようにこれからも配慮する。
・???
Q:ヤフーボタンを押すのが面倒。それすらしなくてもよい革新的なものは期待できないか?
A:準備はしている(え、ほんとに??)
・フリー
Q:ヤフー動画。ボーダフォンライブBBとバッティングしないか?
A:コンテンツ代をいちいち払わなくて済むような。考え方でやっていきたい。
Q:夏機種の目標は?
A:コメントはひかえる。
・???
Q:iフォンは?
A:他社のものはコメントしない。未発表のものにもコメントしない。
・ライター
Q:Windows端末の料金体系。
A:基本的には同じ
・ケータイWATCH
Q:ハイスピードの対応エリアは?
A:東名阪の主要都市部はほとんどカバー。8000基地局を越えた。
・???
Q:サムスン、ノキア、NECがいない
A:サムスンはいるよ。他は将来なにがあるかについてコメントできない。
・日経レット
Q:fanfun 価格の仕組み販売方法など
A:店で品揃えしていく。カタログ・インターネット両方で注文し、店や家に届くように。
・日経BPデジタルアリーナ
Q:ホワイトプラン、パケット定額を両方契約するとそんなにやすくない。
A:パケット定額については、各社あっぷあっぷ。パケット定額があるから、ホワイトプラン
が目立たなくなると言うものではなく、ホワイトプランは基本料なので別物。
Q:今後のスマートフォンはウィンドウズ中心?
A:はい。しかし、スマートフォンの定義として他のものも必要であれば並存させていく。
・矢野経済研究所
Q:ポパイ。将来的にはチップセットなどは統一するのか?
A:端末コストのかなりの部分がソフトウェア。ポパイはメーカー独自のチップセットやOS
を尊重する事でよりコストダウン・スピードアップとなることもあるので、
ソフトバンク仕様を強制しないで開発してもらう。
将来的にはチップセットなどを絞り込む可能性もある。
・???
Q:815Tのコスト。
A:20種類は在庫管理が大変ではないかと話したが、ソフトバンクは色ごとの事前予測を
行って、単品管理し、販売数などもデータを取得し、ショップに情報を流して、お互い
にやっている。その次は2億4千万!
ソフトバンクは流通が得意。ただ、着せ替え的なものはイヤだった。そのために完成度
の高いパターンを作った。
posted by ジロー at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

家族間で24時間通話無料になる「ホワイト家族24」がスタート!

ソフトバンクは、ホワイトプランについて、家族間であれば追加料金不要で24時間音声通話無料となる家族割引きサービス「ホワイト家族24」を6月利用分よりスタートする。
少し長文になります。

これまでホワイトプランは、相手がソフトバンクケータイの場合に、1時〜21時の間は音声通話無料というものでした。
21時〜1時の間は他社通話と同じく21円/30秒だったのが、ホワイトプランx家族割引で24時間話し放題となります。
すでにホワイトプランx家族割引で契約されている方は6月利用分より自動的に適用されます。

え…980円ですけどいいのかな。
決算発表で孫社長が「24時間無料にすると、回線がすぐパンクする」と懸念していたのがとても気になります。
確か、ソフトバンクの調査結果では、1ユーザーが電話する相手は60%以上が家族やとても親しい友達など。渋谷駅で急に雨降ってパンクするような回線なので家族間だけ24時間無料とするだけでも、ちょっと不安です。
…がしかし、料金面で見れば、ゴールドプランにつられてソフトバンクに変えた夫婦は、ホワイトプランにして外で仕事してる人はWホワイトにしなさいという事になりますね。つまりウチの兄貴夫婦です(ぇ)

6月利用分というのは、10日締め契約の場合は本日から、20日締め契約の場合は今月21日から、月末締め契約の場合は来月一日からのスタートになります。

これによりジロー家のARPUは2000円を大きく割り込む可能性が大となります。
posted by ジロー at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ドコモの2007年3月期決算説明会メモ

ソフトバンクの決算説明会メモと同じで、説明会を見ながら取ったメモです。
打ち間違いや意味不明な部分ありますが、なにかあればメルマガで解説します。
(一回打ち込んだものは、走り書きでも修正するのはめんどい(こら


▼ドコモ決算説明会2007年3月期
中村、歌野、辻村、伊東、熊谷、坪内

営業利益:0.1%増

シェア:ワンセグ等の投入で持ち直しつつある。
解約率:0.97%となり徐々に増えている
FOMAへのマイグレーションは順調に推移。2007年度末には8割到達予想。
ARPU:6530円→軽減傾向

サービスの方向性
@定額制向けサービス
A生活アシスト
B国際サービス

新ジャンルへの挑戦、先進的な端末の開発、快適な利用環境への挑戦

DoCoMo2.0→新しいドコモの姿(Web2.0系)

定額制契約率が27%

データARPU底上げにアイチャネル、メロディコールが貢献

検索サービス
2007/6サービスインの検索連動広告

904iシリーズの投入(発表済)

DCMXが200万突破。順調に推移。

基地局建設は予定を上回り、1.5倍に。
2007年度も。

2007年後半からHSPA、2009年Super3G、2010年4G

1チップなど、端末調達コストの削減が可能になる予定。
端末全体的に価格を下げる方針。

Q:クレディスイス
@ARPU、KDDIは落ちてるが、ドコモもARPUの下落が拡大しているように見える。
→2ヶ月繰越の影響額があるため。低減傾向は落着いている。
A加入者の前提条件。シェア減少。順三シェアに対する考え方
→シェア40%を目標としている。2in1は目標に入れていない。

Q:野村證券
@財務。
→税制改正の影響は盛り込んでいない。
A配当の水準は?
→44%。結果的に上がるかもしれないが、意図しているわけではない。
B業績の中に改善がどの程度盛り込まれているのか?(様々な新たな試みを指して)
→iチャネルは年間400億円の底上げ効果。メロディコールも。もりこんでる。
2in1の影響額はまだ未知数。

Q:みずほ証券
@契約数。契約純増が。解約率も。
→来期は販売数で130万増を考えている。解約率は思うように下がらず、4割程度は取れるだろうという期待。純増の取り方はMNPの影響がじょじょに軽減され、シェア率が高まるという考え。
A手数料、調達単価も明瞭な減少は評価。この傾向は継続的に期待できるか?
→基本的に中長期的に下がっていく。1チップや共通プラットフォーム。
Symbian系、Linux系での共通化、ミドルウェアの共通化も。
Web2.0、ドコモ2.0化で
B販売奨励金の撤廃に対する対応は?
→奨励金の問題、メーカーと。これまでのビジネスモデルをいきなり変えるのは難しい。
すぐに変えろというのはらんぼうである。
C収益連動経費3要素・・・?
いみふめー

Q:ドイツ証券
@収益連動経費以外のその他の経費。
→ネットワーク設備の増強で経費が膨らんでいる。メンテも。
ネットワークの高度化。
AMNP前から新規獲得シェアが落ちている。新規契約シェアがいつになったら戻るか?
→取り替えが増えたのが決算を圧迫している。
それは課題だが、ネットワークと料金。印象悪が拭いきれていない。
料金、ネットワークに対して増強とアピールをしていく。
Bビジネスモデルの想定は?(Gが上がるに連れて)
→定額制が進む。サブスクリプションモデル(付加価値をつけながら映像を楽しむ)
広告やクーポンを映像につけていく。

Q:メリルリンチ
@データARPUのトレンドの伸び率が上がってきている。
なにか伸び率の増加の理由があるか?
→定額制が伸びている。従量制のユーザのパケット利用が増えている。
Aマーケティングを変えないといけないのではないか?外部から人をもってくるとか。
→外部からもってくるのも策の一つだと思う。

Q:jpモルガン
@営業利益の回復は難しいだろうけれども、利益の水準を戻していく意思がどのくらい?
→利益1兆円が目標!…でもなかなか困難。
Aドコモ2.0。トップマネジメントとして業績に対するコミットメントを。
→マージンは期待している。変動期なので、コミットメントが難しい。
B配当性向の株主還元性向に目標はあるのか?
→配当の安定継続性を目指す。やってきている。

Q:???
@ネットワークの高度化について。費用に対する、他社へのアドバンテージが出てきていない。アドバンテージが出てくる時期は?
→基盤が生きてくる姿を作っていく。アプリケーションを載せてやってく。
A国際サービス。国際サービス収入についての見方。
→ローミング収入が増えていく。思索的にはやりやすい。GSMを載せて海外にもってってもらう。収入はまだ低いが、利用率は勢いよく伸びている。
BMOUの見方。けっこう落ちてる。まだ落ちるの?
→若年層のARPUが増えていくんだろう。で、MOUが落着くだろう。

Q:大和総研
@端末コストと手数料。通年では下がるだろうが、それは下期に向けて?

AデータARPUは従量制のお客さん。お客が請求を見てびっくり。
→データ通信料は上がっている。ライトユーザーが3900円の定額に入ってくれている。

Q:ありゆり証券???
@

ねみ〜…

ここで居眠りしてしまいました(ぇ)
posted by ジロー at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ソフトバンク2007年3月期決算説明会メモ

オンデマンド配信された決算説明会を見ながら、そのまま取ったメモを、さらにそのまま載せます。

特に清書・修正などは行っていないので、意味不明なところもあるかもしれませんが、なにかあったらメルマガで解説しますー

−−メモここから−−−

▼事業転機について
モバイル参入が大きな転機。
ボーダフォンを買収し、事業ドメインとしたことが非常に大きな事。

▼ボーだフォン買収は成功だったか?
Yes!
1.45兆円のリファイナンス完了
営業利益1.8倍
純増が4倍(つまりV字回復
CM高感度No.1

・懸念点
資金:1.45兆円のリファイナンスが完了
収益性:ボーダフォン時代の営業利益と比べて1.8倍に伸びた。
MNPはユーザが激減するのではないか:ボーダフォン時代にくらべて4倍の純増数にした。
ソフトバンクは浸透するか?ブランド力は?:CM総合研究所調べで

▼連結業績
売上高:+1.4兆
(モバイル事業がそのまんま乗っかった)
(個々の売上げも微妙にあがっている)
連結はモバイルがあるからよくわかんね。
投機純利益は半分になったが、これは税法上の要因が主。
有利子負債は順調に減っている。

固定通信ががんばっている。

連結冬季純利益が半分になってしまっている。

22日にケータイ新機種発表

ARPUの向上策として

新役員を迎える
アリババのCEO、ジャックマーを取締役に、来月の株主総会で議案として提出予定。


ホワイト・Wホワイト

5/3 ホワイトが400万突破。

純増のトレンドは完全に好転。

3G解約率が好転。1.5%台を割る。

基地局数21000→31000(ん?)
→他は工事中。(足して46000を超える

機種数は圧倒的にNo1の39機種(D24、a20) カラー数は他社の倍(認知度もアップ)

07年発売機種でユーザーイメージの回復

新規獲得シェアが大幅増加。(25%超)

料金イメージの逆転

ヤフオクは引き続き出品数が右肩上がり。

▼質疑応答
Q:メリルリンチ
@携帯が順調に推移。数字の上での議論。金融機関との約束?
→マネジメントケースを十分にクリアしている。
A金利の期限前変換などは?
→いずれまたリファイナンスする事もあるかも。しかし、まだ始まったばかり。
B次の一手は?どの分野に力をいれる?金融などは?
→ケータイについては長い道のりを着実に進めるべく、孫は携帯事業に集中。
ケータイ事業をもっと伸ばして盤石にしてから推し進める。
金融の方はまだ考えていない。

Q:???
@端末ラインナップ。端末開発製造コスト、プラットフォーム改善など。
→22日に新プラットフォーム戦略を発表する。
A地方の純増の伸びが弱いのではないか?今後の手ごたえなどは?
→地方も行き渡るようになってきた。今年後半にはもっと立ち上がってくると思う。
B法人市場は?純増のうち、法人の伸びは?孫の手ごたえは?
→ホワイトプランにまとめて入る会社など。→契約は個人名。なのでハッキリとは区分けできない が、毎月数万の純増がある。今後は大手にもくいこんでいく。
C3Gハイスピード、ネットワーク高速化のビジョンは?
→3.6M(HSDPA)を7.2Mにしていきたい。(準備は着々)
HSDPA対応の基地局は現在6000局。

Q:みずほ証券
@ケータイ電話事業。今年の明確な業績のガイダンスは?
→基本的なユーザ数が着実に増えてきている。基礎体力的な利益は積み上げていく事ができる
のではないか。
ユーザー数を獲得する為に、販売促進をある時期にとって行くかもしれない。
A固定系事業はパッとしない感じなのではないか?見直しは?
→営業利益はすべての事業セグメントで上がってきている。
驚くような伸びはないが、着実に利益は増えてきている。
見直しという意味では、特に考えていない。
B割賦の進捗、一定のポイントはあるか?
→確実に好転してきている。

Q;三菱ufj
@基地局。工事中になっている数が多く、実質未達です。どうでしょう?
→工事は数ヶ月。いったん始まってしまえば時間の問題。
今年の上期で着実に目標を達成する事が出来そう。
A税金。支出を伴わない部分が900億円超となっているが、どんなイメージか?
→1800億円の一時的な、会計上の調整金があるが、時間の経過と共に、修正されていく。期ずれ。
Q:日経エレクトロニクス
@営業利益。内容は?販売奨励金が下がったから?
→お客様は純増。3Gシフト促進。コストダウンも。割賦販売により、奨励金も軽減している。
それぞれがよくなりバランスよく改善している。結果、営業利益のアップに繋がっている。
A中国のビジネス。ジャックマーにはどのような役割を期待しているか?
過当競争が始まっているが、それについては?
→5〜10年で見ると、大きなマーケットである(中国)。そういう点で、ソフトバンクに貢献して欲しい。

Q:フリーランス
@プリペイド携帯について。プリペイドは純減傾向ですか?
→純減している。
Aヤフーケータイの53倍、実数は?パケ定契約数の発表がないので、他社とくらべてとの資料など? →データARPUは1380円。パケ定は400万以上。

Q:野村證券
@ARPUの読み方。2ヶ月無料の影響はなくなると思うが、どのくらいの影響があるとみているか?
→2Gが3Gに転換してきているので、基本的な部分はよくなってきている。
2ヶ月無料がなくなり、ARPUによい影響がでてくる。割賦を除いたARPUは順調に。
音声ARPUは減少するが、データARPUは着実に増えている。
Aケータイ事業、リースでいくら、除いていくら、08年の目標など。今期中の推移など?
→きゃぷえっくすは去年、今年でピーク、今年は落着いてくるのではないか。
営業上のキャッシュフローは改善している。
リースは1100億。ん〜わからん。

Q:NHK
@ケータイ事業の営業体制強化。具体的な計画を。
→営業の受け付けカウンターは増やしていきたい。具体的な数は出せないが。
A新スーパーボーナス。販売のあり方、伝え方の改善作などは?
→8割以上、個人だけでいうと、9割以上のお客様にご理解いただいている。(数の上では)
理解されない方もいるが、ユーザにとってもメリットがあり、基本料、通話料もお客様に
還元することができた。説明資料などを強化していきたい。

Q:フリーライター
@ケータイ。解約率が劇的に改善。2年後に解約されないための顧客満足度向上施策?
メール添付サイズの拡張などは?
定額を捨てるか機種変を捨てるか悩むユーザーもいる。
バックボーンの共有化。一般の顧客にわかりやすいような、グループ効果は?
→46000達成後に施策を考えたい。
新サービスについては、準備が出来次第発表→サービスインというスタイルなので、
新サービスについてはコメントしません。健闘は様々な点で行っている。

Q:マイコミジャーナル
@基地局。つながりやすさ。エリア拡大ということ?キャパ不足?どちらが主体?
→エリア拡大がまず主題。データトラフィックもユーザも増えているので、キャパも増やす。
両方増やす。HSDPAのカバーも増やしていきたい。バランスよく。
A端末。サービス面でヤフー。フリーな端末の展開も考えられるのでは?
→MVNOを含めて、さまざまな形で検討している。

Q:フリーランス
@KDDI,ドコモは社長がMNPの内容を語った。SBの評価、見解は?
→明日発表の数字を見ればわかるが、純減の懸念を吹き飛ばして純増となっている。ありがたい。 われわれは不退転の覚悟でこの事業を成功させていく。グループ全体で。
これからがSBの力の見せ所。

Q:CS証券
@ホワイトプラン。SB同士でも有料な部分。トラフィックはどのくらいなのか。
有料部分は外すことができるのか。
→ホワイトを24時間にするとあっという間にパンクしてしまう。完全に外すのは、
非常に難しいと考えている。ニーズがあるのは認識している。
技術的にブレイクできればいいなと常に考えている。

−−メモここまで−−−
posted by ジロー at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

先手必勝!ドコモの904iシリーズ発表

ドコモは5〜6月発売予定の、904iシリーズ5機種を発表した。904iシリーズは、契約者数が伸び悩むドコモにとって旋風を巻き起こす事ができるのか!?キャッチをDoCoMo2.0とし、起死回生を図る!(ジローらしくないコメント)

▼新サービス・機能概要

・2in1(ツーインワン)
1台の携帯電話に電話番号・メールアドレスなど2回線分の機能を持たせ、使い分けできる。(全機種対応)
モードごとにA回線を使うかB回線を使うか選択し、それぞれの回線で携帯を利用する。デュアルモードではA回線とB回線を同時に利用できる。
月額は945円。B回線の通話料金などはすべてA回線と共有。
…これは契約者増を狙ってる?捨て番号を使いたいというニーズが多ければ、意外と加入者は多いかもしれない。

・直感ゲーム
携帯電話を振ったり傾けるといった直感で操作して遊べるゲームに対応。

・うた・ホーダイ
楽曲を定額でダウンロードし放題になるサービス(全機種対応)
楽曲ファイルは3GPP計式で、各コンテンツ配信サイトが提供する。サイトごとに定額料金がかかる。

▼発表された新機種

・FOMA D904i
三菱製のスライド型ケータイ。9シリーズ最薄の16.8mm。2.8型ワイドQVGA液晶。カメラはAF対応320万画素CMOSカメラ。新機能のうた・ホーダイ、直感ゲームに対応。WMAファイル再生、FMラジオ搭載。ボイス認証。高速スクロール機能を搭載したスピードセレクター。インカメラは10万画素CMOS。microSDカードスロット。連続通話時間180分。110x49x16.8mm。114g。5〜6月発売予定。

・FOMA F904i
富士通の画面が横にスイングできるヨコモーションケータイ。ワンセグ搭載。大きい3.1型ワイドQVGA液晶+モノクロ1ライン液晶。AF対応320万画素CMOSカメラ。インカメラは11万画素。各セキュリティ機能搭載。うた・ホーダイ。パスワードマネージャー、WMAファイル対応。microSDカードスロット。連続通話時間は190分。108x50x22mm。138g。←内容のわりに軽い。5〜6月発売予定。

・FOMA N904i
NECのデザインが一新された折畳みケータイ。デザインはステファノ・ジョバンノーニ氏。HSDPA対応のハイスピードケータイ。3型ワイドVGA(480x854ドット)液晶、1行モノクロサブ有機EL。手ブレ補正、AF対応320万画素カメラ、インカメラは33万画素CMOS。うた・ホーダイ、WMAファイルに対応。microSDカードスロット。顔認証などセキュリティ機能搭載。連続通話時間180分。104x49x18.9mm、113g。小さい、かる〜い♪5〜6月発売予定。

・FOMA P904i
パナソニックモバイルコミュニケーションズ製。2.8型ワイドQVGA液晶。文字が浮かび上がる有機EL(ヒカリアイコン)。手ブレ補正、AF対応320万画素νMaicoviconカメラ。インカメラは11万画素CMOS。microSDカードスロット搭載。うた・ホーダイ対応。WMAファイル対応。SDオーディオ最長約65時間連続再生。カスタムジャケット対応。Bluetooth対応でワイヤレスイヤホンが利用可能。直感ゲーム対応。顔認証機能を初めとするセキュリティ機能。ビデオクリップを高画質で楽しめるモバイルPEAKSを搭載。102x49x17.9mm115g。6月発売予定。ん〜今回のNとPはいいなぁ。

・FOMA SH904i
液晶のシャープ製!AQUOSの技術が利用されている3型ワイドQVGA液晶+2行有機EL。ノートPCなどで使われているタッチパッドのようなIFのTOUCH CRLISERを採用。直感ゲーム対応。モーションコントロールセンサー搭載。うた・ホーダイ対応。WMAファイル対応。マンガ・ブックリーダー搭載。動く被写体に強いAF対応320万画素カメラ。インカメラは11万画素CMOS。顔認証機能を初めとするセキュリティ機能。節電モードも搭載。107x50x19.9mm130g。5〜6月発売予定。
posted by ジロー at 01:32| Comment(3) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

携帯電話から計4700万円の振り込め詐欺

今月16日、横浜市在住の女性が現金約4700万円を騙し取られたとして神奈川県警に届け出た。

今月の5日に男から電話があり、携帯サイトの退会が遅れたのでその料金を払えと言われ、女性は現金約2万円を振込んだ。
それを皮切りに、内容が次第にエスカレート。
登録削除料として200万円払えなどと合計22回に渡り、合計で約4700万円を振込んだのだという。

神奈川県警港北署は、振り込め詐欺とみて調べているとの事。

「振り込め詐欺」。一時期流行って、テレビでもいろいろ報道していました。
最近あまりみなくなりましたが、報道のピークが過ぎただけであって、振り込め詐欺そのものは横行したままです。
迷惑メール対策室への相談も、いまだにコンスタントに送られてきます。
解決には警察や法律など、国にいろいろ協力して欲しい所はありますが、一番は、みなさん一人一人の意識です。
なにもインターネットに対する詳しい知識など必要ありません。
ご家族など、身近に、何かあったときすぐ話せる相手がいることが大事です。

こういうニュースを見ると、本当にネットは毒でしかないのかと、イメージがどんどん悪くなりますよね。
難しいかもしれませんが、この振り込め詐欺業者が逮捕されるというニュースが見たいです。それが第一歩です。
posted by ジロー at 08:42| Comment(6) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

ドコモ、顧客情報が「Share」で流出とかいつまでやっとんじゃΣ( ̄□ ̄;)

ドコモ北陸は、ドコモショップに勤務する外販担当員の所有するパソコンからファイル交換ソフト「Share」によって、本来持ち出し禁止の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

流出した個人情報は、外販担当員が営業のために作成した1478名の顧客リスト(個人:1248名、法人:230社)と法人顧客の会社名・電話番号・料金が記された資料が6件となっている。

ファイル交換ソフト「Share」。私もなんだろうと思って調べてみたら、どうやらWinnyのようにインターネット上でP2Pのファイル交換を行うソフトのようです。
だからね、前からいってるんですよ、

私用できるPCに仕事のデータ入れるなーΣ( ̄□ ̄;){バカチン!!)」

いまどきパソコンを扱っている会社ならウィルス対策もWinny対策も出来てるでしょ?外販営業なんだからそういった対策とられているノートPCあるでしょ?

会社の企業秘密なんだから、お客様の大切な情報なんだから、あなたそれでご飯食べさせてもらってるんだからそういうデータを粗末に扱っちゃだめだしょ。
どうしても自宅で仕事したいなら、会社のノートPCをそのまま使えばいいじゃない。もしくは、

自宅で仕事専用、ウィンドウズとオフィスしか入っていないまっさらの私用PCを買えばいいじゃない

ドコモ北陸では業務関連情報を社外へ持ち出さない、ファイル交換ソフトを使わないという”ごくごく当たり前”なお触れを出してるそうです。今回のことでその取り組みを強化するとアナウンスしていますが…

おめーがそういうことするから仕事がやりにくくなるような取り決めが増えるんだろうがΣ( ̄□ ̄;){バカチン!!)」

全国の営業さんだけじゃなくて、全国で私用できるPCを持ってる社会人全員に「情報の大切さ」、「お客様ありき」、考えてほしいです。
posted by ジロー at 09:36| Comment(6) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
☆新機種の発売日・新サービスの導入日はメルマガで配信します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。