〓IS情報〓
携帯電話の最新情報などメルマガでお送りいたします♪

2007年12月21日

僕が麻雀のオンラインゲームにハマるまで

日曜日に突然体調を崩しました。
来週ライブだというのにまいった。。
しかもちょっと風邪を引いたとかじゃなくて、数年ぶりに訪れた本格的な体調不良^^;

日曜の夜、なんかのどが痛いな〜とか思ってたら後頭部がズキズキ痛み出し、体がだるくなり、神経痛がキて寒気とかいろいろ併発し、朝起きたころにはすっかり世界がグルグル回って立ち上がれない肉の塊と化してました(どんだけ

こりゃ無理だ…と、せっかくいままで皆勤賞だった会社を休むことに。

俺。「すみません、立ち上がることも出来ないので休みます」と。
管理部の女性「大丈夫?熱は?」
俺。「いや、熱計りないので知りませんがたぶんあります」

でも、会社に休む旨を伝えようと電話したのに管理部の女性が、

「インフルエンザかもしれないから病院に行ったほうがいいよ?」

と脅すんですよ。
俺、立ち上がることも出来ないと言ったのに、それでも病院を薦めるので、かわいそうなハムスターのごとくブルブル震えながらパソコンで近所の病院を探し、普通に歩くこともままならないので原付ddddd
あ、やっぱり歩いて行ったことにして下さい。
いまよく考えたら、体調不良で車運転しちゃいけないんだった(ぁ

で、病院に着いたんですが、(なんかこの書き方、また長文になる悪感)

んー病院では特に面白いことはなかったので、やっぱ省略します。

ただ、医者の診察では「インフルエンザではない」でした。

診断結果が「インフルエンザではない」なのに、何かしらの薬を処方するというので、処方箋をもらってきたのですが、たぶん総合風邪薬のんどきゃ治るだろうってことで、薬はパスし、帰りにどっさりおかゆを買って帰ってきました。

で、帰ってきておかゆ食って薬飲んで寝ようとしたんですが、仕事の電話がいくつかかかってきて、どうにも寝ちゃいけない気がしたので、頭がグルグルになりながらパソコンをかちゃかちゃしてたんです。

最近いそがしくてメルマガとかちゃんと発行できてなかったので、
携帯電話関連の情報をしらべたりしながら仕事の電話をさばき、
気づいたら「麻雀3」というオンラインゲームのバナーをクリックしていました。


(やっとタイトルに関連した内容になってきました)

(読むの疲れますよね?また次回にしましょうか?)

(やっぱ誰かに怒られそうなのでちゃんと書くことにします)

(でもたぶんまだまだ長いですよ)

(では続編をどうぞ)

麻雀かー。
中学生のころから仲間同士で雀荘や友達の家でやってたのを思い出したんです。
ここ数年はほとんどやってないので点数計算とか細かいところまでは覚えてないんですが、でもオンラインゲームかー、あんま気がすすまないけど、どうしようかなぁ・・・
(さっさとやれよ(笑))

そういや最近、昔から友達のナオッペ君が僕らの友情そっちのけで、職場仲間との麻雀にハマって、ぜんぜんかまってくれないんですよ。。。
昔そうとうハマってたんで理解はできるんだけど、、やっぱり麻雀て面白いよなー。
ひさびさだし、ちょっとやってみるのもいいよなー。
でもこんな体調でやっても勝てないよなー。
振込みマシーンと化すだろうなー。

やってみようかなっ!

▼麻雀3(オンラインゲーム)▼
http://www.hangame.co.jp/gamenc/majak3/

ハンゲームというゲームサイトの中のひとつらしいんですが、
ユーザー登録(無料)して、ゲームのアプリケーションをダウンロードしてインストールし、いざ始めてみると、平日の昼間だというのに5000人くらいログインしてるらしい。
ほーけっこう盛況なんだなー。

ニートとか主婦の方とか、夜勤の人とかがぞくぞく集まってるのかな?
とかいろいろ想像しながら「すぐ始める」的なボタンがあったので
押してみました。

「すぐ始める」は、空いている卓に自動的にエントリーするようなものです。
麻雀は4人用ゲームなので、4人揃ったらすぐに開始できるんですね。
自動ジャン卓機よりも簡単にゲームが進められるんですっ。

で、いざ初めてみたら、1ゲーム目1位。次も1位、次も1位、、、
あれれ、ぜんぜん勝てるぞ?おれすごくない?
昔やってたころは大して強くなく、カモ寄りな印象だったんですが、
なんかふつーに勝てます。

あれよあれよと20回くらいやってたら、
1位8回、2位12回、3位と4位がまったくありません。
ふつーのツキの人があつまったら、たいてい1〜4位まで25%ずつになるんだけど、なんかツキすぎだなー。

って、え?20回もやったの??
仕事の電話したりしながら片手間でツモ切りしてたりして、時間が経つのもわすれてやってました。

夜、バンドのベースから電話がかかってきて、
「今日メシ食いにいかね?」
「いやおれ、体調悪くて会社休んでるんだよー」
といいながら片手間でツモ切りしてました。

午前中より体も言うことを聞くようになり、頭痛がやや治まってきたので、今日は早めに寝てちゃんと温まっていれば、次の日は会社に出れるなーと思っていたんです。

−次の日−

あんまり治ってません^^;
立ち上がって歩き回ることはできるんですが、立ち止まるとどうにも平衡感覚がありません。。。
年を食うと、具合が悪くなったときに体調が回復するまで時間がかかるんだなー。。昔はほっといても回復してたのに。。。
といえど、今日はお客さんと会う約束もしてるし、他にも周る予定が入っているので、休むわけにはいかず、、、
朝ごはん食べて薬飲んで、ゆんける飲めば仕事しながらそのうち治るだろうと、午前中だけゆっくりしようと上司に午前休のお願い電話を入れたら、

「そんな調子で無理してるとこじらせるから、今日はゆっくり休め。お前の予定は俺がやっておくから」

やべ、かっけー。

その日は麻雀を50回以上やりました。

人ってこんな感じで麻雀にはまるんだそうですよ。
ちなみにバカのように勝ちまくったのは序盤だけで、だんだん勝率は50%くらいに収まりつつあります。

そういや昔、父親がファミコンの麻雀にハマり目が悪くなってメガネになったのを思い出しました。

みなさんも気をつけてください。

あ、月曜、火曜と会社休んで、水曜は仕事に出たんですが、体力が戻っていなくてテンションがあがりませんでした。
今日、やっと声のトーンが普通に戻ってきたので、勢いで日記を書いている次第です。
明日は他の会社の忘年会に呼ばれてるし、ライブまでにちゃんと体調を完璧にしておかないとまずいねっ!
ライブまでにちゃんと体調を完璧にしておかないとまずいので、
ライブまでにちゃんと体調を完璧にしておきますっ!
posted by ジロー at 02:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ジロー話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

はじめてのがんかくりにっく

最近、目が凄いぼやけます。特に左眼が。
仕事柄、目を酷使しすぎたのかといまさらになって心配になってきました。

「あれ、これやべーな」と思ったのは、駅のホームで、一つ向こうのホームに書いてある次の駅名が見えないくなってきたから。

┏━━━━━━━┓
┃ 池  袋  ┃
┣━━━┳━━━┫
┃ 〓〓 ┃ 〓〓 ┃←これ
┗━━━┻━━━┛

去年の健康診断では両目とも1.5あったんですよ、たしか。
それが左眼だけで見ると、パソコンの8ptの文字が見えなくなってきて(それってふつー?)。
なんか前に仕事中、向かいの席に座ってる人に、
「だんじろー、ガンつけてんのちょーこえーよー」
って言われるくらいすごい目つきでパソコンに向かってるみたいで。

で、心配になてきて眼科に行く事にしたんです。
(もしかしたらメガネとゆードキドキ感をもちつつ)
眼科なんて小学校の頃、麦流腫とかゆー聞いた感じこわい病気にかかったとき行ったきりでした。
※麦流腫=ものもらい

−眼科−

クリニックの人「だんじろーさん入って下さい」
俺「はーい」
ク「どういう症状ですか?」
俺「いままでモノがくっきり見えてたのに、ぼやけちゃって。」
ク「じゃー視力を測ってみましょう」

−視力を測ってます−

ク「0.9(左)と1.0(右)ですねー」

※このへんからだんだん俺と相手の感覚がずれてきます

俺「そんなに目が悪くなってたのか…○rz」
ク「じゃーちょっとレンズいれてみましょうか」
俺(レンズってメガネのことか?)
※レンズいれてます
ク「どうですか?」
俺「あ、ちょっとだけ見えるようになりました」
ク「じゃあこれは?」(レンズを重ねてます)
俺「んー指紋べったりで見えなくなりました」
ク「すみません(苦笑)」
ク「ん〜すごい乱視ですねー」
俺「えっすごい乱視ってなにΣ( ̄□ ̄;)」
ク「一応、視力は最高で1.2/1.2ですね」

※最高でってよくわかんないんだけど…。おれはメガネかけてるから視力がアップしたって思ってるんだけど、どうやら違うらしい。。。

ク「では、あとは先生に話を聞いてみましょう」

−女医さんの部屋−

おお、けっこー若くてきれいな女医さんだー(驚)

俺「よろしくおねがいしますー!」
先「そこに座ってくださいねー^^」
俺「で、、ど、、どうなんでしょか。。」
↑乱視といわれて覚悟を決めている
先「ん〜〜〜〜。ちょっと目を診せてください」
俺「は・・・はぃ(どきどき)」

※せんせーが俺をめっちゃ見てます。視線が熱い><←バカ

先「あー眼球にすごく傷が入ってますねー。原因はこれです」
俺「傷・・・ですか」
先「特に左眼にひどく傷が多いですね。眼球全体的にです」
俺「じゃーメガネですか・・・」←ちょっとかけてみたいと思ってる
先「いえ、傷の原因は、”さかさまつげ”ですね。」
俺「………あはは、やっぱり^^;」
先「これ、生まれつきですよねー?すっごいさかさまつげ。」
俺「んーたまに目の前をまつげが踊ってるの見えますけど^^;」
先「左眼は、上のまつげがバッサリ眼球にかぶさってますよ」
俺「そ・・・そんなに・・・じゃ、どすればいですか?><」
先「どうって・・・だんじろーさんいままで27年間これで生きてきたんですよね?視力も最高で両目とも1.2出てるし、問題ないんじゃないですか?」
俺「え、最高って言ったってレンズ(←メガネだと思っている)つけたから出たんであって、本当は0.9なんですよね?」
先「だから、レンズ入れると最高で1.2出てるんですよ」

※もーここの話が全く意味わかんなかった

俺「じゃーメガネかけて1.2にすればいいんですか?」
先「いえいえ、最高で1.2、さかさまつげで傷があるから0.9になっているだけですよ」

※もーさっぱり。せんせーも自分の世界で話さないでくれるかなー

先「どうしても最高の1.2にしたいならば、まつげ全部切って下さい」
俺「え・・・それってまた生えてきますよね・・・?」
先「それがイヤだったらまつげにパーマかけてください」
俺「え・・・それってパーマ解けたらまたかけるんですか…?」
先「それか最終手段で手術ていう手もありますけど(うっせー患者だなー)」
俺「う…手術ですか・・・」
先「けっこーエグいですよー(ニコニコ」
先「まぶたをメスでぶっすり切りますし、術後は人前に出れないくらい腫れますからー」←なんかすっごい楽しそうに話すんですよこの人。。
俺「想像しただけでこゎゎぁ。。おれ営業職だからそれはちょっと…。それってすぐ済むんですか?」
先「いえ、2〜3日入院になりますねー。」
俺「無理です、、、、メガネでいいですか?」
先「だから、だんじろ−さんは最高で1.2あるんですよ」
俺「いやそうかもしれないけど、今まで見えてるものが見えないくなって、それがやなんですよ、私生活にも支障出るし」
先「じゃー手術ですねー」
俺「いやだから、メガネかければ手術しなくていいかなーと…」
先「だから今でも0.9もあるのにメガネ必要ないでしょう」
俺「だから見えなくなった未来を取り戻すためにですねー」←意味不明

先「あたしなんて裸眼で0.2だーーーーΣ( ̄□ ̄;)」

俺「すみませんでした○rz」

以上です(ぇ)
さかさまつげはそのままです(ぁ
…それにしてもあの先生、0.2で患者診てたのかぁ…。
posted by ジロー at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロー話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

はじめてのふぃっとねすくらぶA

ク「では、器具を使った筋力トレーニングです」
俺「はい…(げっそり)」
ク「だいじょぶですか?^^;」
俺「だいじょぶです!…○rz」

ク「では、まずはチェストプレスで胸まわりの筋肉を動かします」
※イスに座ってバーを前に押すやつ
ク「胸、ひじ、腕が90度になるようにして、息を吸いながら前に出してくださいね」
ク「あ、ウデを伸ばしすぎるとひじに負担がかかりますので、伸ばしきらずに、息を吐きながらゆっくり戻してください」
俺「そ・・・それのがキツいです。。」
ク「あ、戻しきらずに、その直前でまたウデを伸ばしてください」
俺「うぉ。。。く。。」
ク「あ、ウデを伸ばしすぎるとひj・・・(くり返し)」
俺「う・・うふふ・・・(涙)」
ク「じゃーあと3回ー」
俺「(マジスカ)…ふんがーーΣ( ̄□ ̄;)」
(このひとサドッ気あるんじゃないか?)
俺「あのーいま何回やりました?」
ク「10回ですね」
俺(20回くらいやった気でいたのに……○rz)

ク「次はローイングで背筋を使います」
※イスに逆に座って、バーを手前に引くやつ
ク「では手を伸ばして、バーを握り、そのまま引きます!」
俺「ふんぬっ」
ク「背骨の根元に力を集中するように。バーを引いたままひじを後ろで引き寄せ、背中で棒を挟む感じです」
俺(なにそれ…)
ク「そしたら、息を吐きながらゆっくり戻します」
俺「がぶ・・・くふふ。。。」
ク「あ、ウデを伸ばしきらずにまた引き寄せます」
……しむ。。
ク「じゃーあと3回ですー」
俺「(マジスカ)…ふんがーーΣ( ̄□ ̄;)」
(このひとサドッ気あるんじゃないか?)
俺「あのーいま何回やりました?」
ク「10回ですね」
…○rz

ク「次はレッグエクステンションで太ももを動かします。」
※座って足を曲げたまま、足首あたりでバーを上に持ち上げるヤツ
俺「もーしんじゃぅぉ。。」

ク「次はレッグカールでもも裏を動かします」
※座って前に足を伸ばしたまま、足でバーを下に下ろすやつ
俺「もー歩けなくなりますけど…」

ク「クロスボディーアーチです」
ク「アブトレーナーで腹筋です」

………………ばるす!

ク「ではこれで前身の筋肉を使ったので、ここから有酸素運動をやりますよ。」
俺「Σ( ̄□ ̄;)え、終わりじゃないの??」
ク「あ…お疲れでしたら無理なさらなくてもだいじょぶですよ^^;」
俺「ぜんぜんだいじょぶです!」←負けずぎらい

ク「ではどの器具を使いますか?」

ここで俺がどんなのがあるの?とか、それってなにがいいの?とか、これとどうちがうの?とか、ちょーうぜー質問しまくりで、おねーさんを困らせてます(ぁ

俺「じゃーこのステップのヤツで」
(もーどう説明していいかわかんない)
ク「では、メニューには20分て書いてありますけれども、初めてですし、5分くらいでやってみましょうか」
俺「20分でがんばります!」←負けず嫌い

………ちーん。(20分後)

ク「どうでしたかー?^^」
俺「(ゼェゼェハァハァ)…きょ、きょう帰れるか心配になってき…ま…し・・・・た・・・・ガクっ」
ク「だいじょぶですか^^;」
俺「やー隣の人、本見ながらやってるし、あそこのおねーさんなんて、ちょーダッシュしてるし、負けらんないなーと、運動不足だってことも忘れて奮闘してしまいました^^;」
ク「あの方たちは、長時間やるために軽いウェイトでやってますからー」
俺「早くゆってくれ。。。。。。○rz」

ク「じゃー最後にもう一度体重を量ってみましょう」
俺「よっしゃ!」(期待大!)

……。

俺「300g減ってました(減ってるのか?)」
ク「おーやりましたねー^^」
ク「でも今日、だんじろーさんは水分とってないですから、次回はなにか飲み物持ってこられた方がいいですねー」
俺「…必要なものリストに加えといてくださいよー(涙)」
ク「あはは、これからもがんばってください^^」
俺「今日はありがとーございましたー○rz」
俺(まわりでしゃべってるヤツほとんどいないのに、おれ、うるさくなかっただろうか…)

とゆーわけで、身も心もカラカラになって、帰ってきて、ビールを浴びました(意味ねー)
ほんとは風呂に入ってサウナもしてきたんだけど、面白くないし、もう相当書いたのでいいかなー。

いつまで続けられるかわからないけど、あのおねーさんに会いにまたがむばって行って来ます!
posted by ジロー at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロー話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

はじめてのふぃっとねすくらぶ

初めて「フィットネスクラブ」とゆーところにいってきました。
保険組合のアレで一回100円(めちゃやすっ)でいけるとゆーので。

とりあえず、なにするところか詳しくわかんなかったし、服装とかもよくわかんなかったから、Tシャツと替えのおパンツだけ持っていきました(ウェアを貸してくれるとゆーので)

で、いざ出陣!…ん?
「※シューズも持ってきてください」
…○rz
靴屋にダッシュ!
2860円の運動靴を購入!(靴擦れしないだろうなぁ。。)

で、いざ出陣!
俺「こんにちわー」
クラブの人「こんにちわぁー」
俺「あのー初めてなんですけど」(チケットを見せる)
ク「では、靴を脱いで裏手の更衣室で着替え、上の階に上がってください。上がジムになっていますので、そこの係員にチケットを見せてください」
俺(きょろきょろしながら)
ク「あーそっち(たぶん女子更衣室)じゃないです(汗)」
俺「すみません(汗ダラダラ)」

−更衣室−

なんか入ったらハダカのおっさんがいっぱい…
そっか、風呂とサウナがあるんだー。あとで行ってみよう…と思いながらいそいそと借りたウェア(525円)に着替え、さっき買った靴を履き…ん?
「※レンタルシューズ」
が〜〜〜〜んΣ( ̄□ ̄;){貸してくれんの!?しかもタダ!)
まいっか、、、自分のの方が気兼ねないもんねぇ。。。

−アスレチックジム−

俺「あのーこんにちわぁ、初めてなんですケドぉ。。」
ク「こんにちわぁー。法人会員さんですね。ではこのプログラムでやってみますか?器具の説明も一緒にやりますよー」(…といいつつなにやらメニューが書いてある紙が出てきた)
俺「じゃあ、まったくわかんないんで、よろしくお願いします○rz」

どうやら背の高くてかわいいおねーさんが、一緒について周ってくれるそうです(嬉)

ク「じゃーまずは体重と血圧を測ってください」
俺(体重計に乗る)
俺「げっいつのまにこんなに体重増えてたのかよーΣ( ̄□ ̄;)」
ク「がんばって落としましょうね^^;」

体重は言えないくらい重くなってたヨ○rz

ク「ではストレッチしてみましょう。運動の前後は必ずストレッチです。そこのマットのスペースで、ビデオを見ながらやって下さい。10分後にまたきますねー」
俺「ふむふむ、わかりましたー」

ビデオのとおりにストレッチをしようと思ったんだけど……イテテテ、俺、ちょー体がかたいみたいで。。。

ク「じゃーつぎは軽く準備運動ですー」
俺「えっいまのが準備運動じゃないんですかΣ( ̄□ ̄;)もう筋肉痛になりそうなんですけど」
ク「え(汗)」
ク「えっと…準備運動はこのエアロバイクを使ってやります。動かしてみて下さい」
俺「はっはい!」(自転車みたいなのを漕ぐ)
ク「(器具の操作説明をうんぬんと。)で、このまま10分がんばってください。」
俺「えΣ( ̄□ ̄;){説明中にけっこー疲れてますケド…)」
ク「え(汗)」

ち〜ん(10分後…)

ク「どうですかー」
俺「(ゼェゼェハァハァ)…はい^^;{これ準備運動なんですよね?)」
ク「そ…そうですね^^;{だいじょぶですか?)」

…と、ここまででけっこー長文になっちゃったのでいっかい終了。
…つっても、もうかなり疲れてきて(仕事の後だし)、ちゃんと最後まで出来るか不安になってきました○rz
おねーさんにはずっと心配されて(笑われて?)るし。。
posted by ジロー at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ジロー話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

NTT東日本、Bフレッツ光の勧誘がしつこい…の巻

俺はいまのマンションに去年の梅雨あたりに越してきて、そのタイミングですぐNTT東日本の光に加入したんだけど、それから何日もしない間にこんなチラシが入ってきた。

「NTT東日本のBフレッツ光!いまなら○○○円です!」

あれ、これいま契約している月額よりも安いじゃないかΣ( ̄□ ̄;)
よしよし、じゃー問い合わせてみるかーと、チラシに書いてあったフリーダイヤルに電話すると…

N「すでに加入されている方は対象外です。」
俺「へ?…じゃあ契約しなおすから、それならいいでしょ?」
N「それはできません」
俺「は?じゃーどうして俺に安くなるなんてチラシ入れたの?」
N「そのチラシはまだ契約していない方向けでして…」
俺「うんだから、どうして契約してる俺にチラシいれたの?」
N「ウチは代理店でして、どのお宅が光に加入されているか、わからないんですよ」
俺「じゃー迷惑考えないで、かまわずチラシばら撒いてるんだ?」
N「申し訳ありません。二度としません」

ふぅむ…なら仕方がないかなぁ…とおもった次の日、

「NTT東日本のBフレッツ光!いまなら○○○円です!」

こんにゃろ…性懲りもなく…
とおもってまた問い合わせてみたところ、

俺「あのさー、昨日、契約している人にはチラシ入れるなっていったんだけども」
N「申し訳ありません。それは別の代理店ですね。もうしません」
俺「なに?代理店同士でも情報やりとりしないの?」
N「個人情報がありまして…」

ん〜〜〜〜〜〜〜なんだか納得いかないなぁ。。
でも仕方ないか…。
そしてしばら〜〜〜〜〜〜〜〜く、毎週送られてくる光の勧誘チラシにイライラしていたら、今度は…

ピンポーン♪

俺「ハイ?」
N「NTT東日本です。このマンションにはBフレッツ光の回線が入っているんですが、パソコンはお持ちですか?インターネットはどちr……」
俺「ちょいまってください」
俺「あのね、いい加減にしてくれる?契約者に勧誘するなって」
N「申し訳ありません。もうしません」

さらに…

プルルルル♪

俺「はい?」
N「NTT東日本です。このマンションにはBフレッツ光の回線が入っているんですが、パソコンはお持ちですか?インターネットはどちr……」
俺「オイコラ」
N「え」
俺「もうNTTの光で契約してるんだよ、いい加減にしてくんない?契約解除して欲しくてそんなイヤガラセしてんの?」(←感じ悪い)
N「いえそういうわけでは……」
俺「あのさ、代理店ひとつひとつにこんなこと言うのも面倒なんだけど。俺以外からそういう苦情とかないの?」
N「え……と、、、少々おまちください」

………。

N「お電話変わりました。担当の○○です。申し訳ありません。NTT東日本からは、光が入ってるマンションを紹介してもらっているだけで、契約者様かどうかはわからないんです。でも、こちらのマンションにはこういうことが今後ないよう手配しますから、申し訳ありません」
俺(ん…苦情に慣れてそうな人が出てきたなぁ)「あのさ、初めはNTT東日本だなんて言っておきながら、何かあると『実は代理店でして…』とか、逃げたくなる気持ちはわかるんだけど、あんたら代理店がかわりがわり交代で勧誘にくるのって、すんごい迷惑なんだよ、わかる?」
N「そうですよね、わかります、申し訳ありません」
俺「チラシにしたって、ふつうのビラなら捨てて終わりだけど、あんたらA4サイズの茶封筒に入れて、『NTT東日本からこのマンションにお住みの方にお知らせ』とか、契約者も含むような言い回しで、中に個人情報とか入ってるとそのまま捨てることもできないし、帰って見てみるでしょ?そうすると中から出てくるのはやっぱりチラシと契約書なんだよ。こっちは…んだよゴミじゃんかΣ( ̄□ ̄;)!って思うわけよ。そんなことが頻繁に起こると、イヤガラセにしか思えないでしょ?しまいにゃ家まで押しかけて、今みたいに電話までしてきて、なんなの??あんたら、俺の電話番号までゲッチューしといて契約者かどうかもわからないの??」(←かなり興奮してる)
N「…はい、おっしゃりたいことは重々承知しています。今後はこのようなことが決して起こらないよう、NTT東日本に問い合わせて、こちらのマンションには無理な勧誘はしないように手配しますから」
俺「それって他の代理店はどうなるの?」
N「はい、他の代理店も含めてこのような事がないよう、私が手配させて頂きます」
俺「わかりました、じゃあそれでよろしく」

ふぅ…これでイライラする生活ともやっとサヨナラできるか…。
(このとき、この代理店の電話番号を覚えておけばよかったと、後で後悔することに…^^;)

それから1ヶ月くらい安息な日々が続いた。
しかし…

「NTT東日本のBフレッツ光!いまなら○○○円です!」

あれ、これいま契約している月額よりも安いじゃないかΣ( ̄□ ̄;)
よしよし、じゃー問い合わせてみるかーと、チラシに書いてあったフリーダイヤルに電話すると…
※フリダシに戻る

なんだよこれ、どうすりゃいいんだよもー!Σ( ̄□ ̄;)ノ{フンガ-!!)
ちなみに、今日またピンポーンしてきたNTT東日本の代理店さんに聞いてみた所…

俺「代理店ってどのくらいあんの?」
N「100〜200以上ですかねー(汗)」
俺「え……おれ、それ一つずつ文句言わないといけないわけ??」
N「代理店に横のつながりはありませんから、申し訳ないですけど」
俺「………100〜200以上に一つずつ文句言ったらそれで終わるの?」
N「いや…代理店もどんどん増えてますし…」
俺(こいつら迷惑メールとなんも変わらないじゃんか…)

※後日なにか進展があれば追記します
posted by ジロー at 14:19| Comment(3) | TrackBack(0) | ジロー話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
☆新機種の発売日・新サービスの導入日はメルマガで配信します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。