〓IS情報〓
携帯電話の最新情報などメルマガでお送りいたします♪

2008年12月29日

IS情報:vol.2227-ケータイ流行語大賞2008発表!

ケータイ流行語大賞2008発表!

今年で3回目、ケータイ業界の流行語を勝手に決めて勝手に賞してしまおうという企画です。
IS情報のメルマガ読者様を対象に12/18〜12/26の期間で募集させて頂きました。

昨年金賞を獲った「ホワイトプラン」の加入者が1000万人を突破して始まった2008年。
スマートフォンの存在感がだんだんと増してきたところに黒船「iPhone」が来航しましたが、高性能の対抗機種が続々と出てきて気付けば海外メーカーの主戦場と化していました。

そのスマートフォンの爆進と共に通常機種も3型を超える大型液晶を装備した端末が普及しました。画面が大きくてもデカくない。ヒューマンインタフェースはモーションセンサー、タッチパネルへと人々が受け入れる体制が出てきたところに移って行きました。

利用者といえば、ソフトバンクが年内における毎月の純増数トップシェアを維持。
イーモバイルも100円パソコンとセット販売で利用者を増やしています。
しかし、国内端末販売数は各社の割賦販売と共に大きく減少。まぁMNPと一緒に価格破壊に臨んだ昨年を思い出せば携帯買う人が少なくなるのもしかたないでしょう。
来年は2台目ケータイやパソコンとのセット販売が増えてそこまでの減少は無いと思います。

前置きが長くなりましたがそんな2008年、もっとも人々に浸透したケータイ業界の新語・流行語はいったい何が選ばれたのでしょうか!

発表します!

・ケータイ流行語大賞(金賞)
「iPhone(アイフォーン)」
日本を戦場としているメーカ・キャリアに火をつけた張本人。
キーパットがほとんど装備されず、タッチパネルでの豊かな操作方法が発売前から話題を呼びました。
すでにソフトバンクの通信キャパの1割以上をこのiPhoneユーザが占めているそうで、文句無しの金賞受賞。

・ケータイ流行語大賞(銀賞)
「お父さん犬」
ソフトバンクのCMにて1年間堂々と主役を張った人気キャラクター「お父さん」。
お父さんも今年iPhoneを買ったんですよね。内緒で(笑)ちなみにブラピは931SHを持ってましたね。

・ケータイ流行語大賞(銀賞)
「ホワイトプラン」
昨年金賞を獲ったホワイトプランが2年連続で受賞。
ソフトバンクに加入しているユーザのほとんどがホワイトプランに加入しているのもあり、認知度は非常に高くなった。

・佳作
「YouTube」
有名な動画投稿・配信サイト。
スマートフォンが高性能になり、ケータイでもYouTubeが閲覧出来るようになった。

・佳作
「スマートフォン」
iPhoneやTouch Diamond、サムソンの端末が人気となりました。

・佳作
「ワンセグ」
液晶が大きくなり、多くの機種に搭載されワンセグの環境が大きく前進しました。
実は3年連続の大賞受賞。

以上のとおり、今年のケータイ流行語大賞における金賞は「iPhone」となりました。
発売前から話題が大きく、発売されてCMをバンバン打って、IT業界でもiPhoneに絡んだ開発案件が多く見られるなど非常に認知度は高かったのですが、意外と日本国内では目標台数に届かなかったみたいですね。

そして銀賞はなんとケータイ流行語大賞史上(おおげさ)初となる犬が受賞することとなりました。お父さんはCMだけじゃなくキャンペーンやグッズになるほど人気が高く、かわいらしい姿と日本のお父さんらしい威厳あるコメントとのギャップがキャラクターを引き立てていました。

銅賞は昨年金賞の「ホワイトプラン」。
なんと金賞・銀賞・銅賞とソフトバンクの関連用語が表彰台を独占する結果となりました!
本年における業界の話題はソフトバンクが主役だったといっても過言ではありませんね。

さて、来年はどんな新語・用語がノミネートされていくのでしょうか。
ドコモは今年途中で型番ルールを変更していましたが、冬モデルとして登場した端末はコンセプトどおりに作られたものではなく、907iシリーズ、707iシリーズとして作られていたものが途中でDoCoMo→docomo体制へとなったため、このシリーズをコンセプトに当てはめた結果の型番なのだそうです。
来年はコンセプトが固まったところに今度はauが型番ルール変更の予定。力が入ってきます。

iPhoneはスタートダッシュがそれほどでもなく、ジローの周りでも持っている人はあまり見受けられない、その分他のメーカーの対抗機種が熱を上げて開発しています。
来年はさらなるスマートフォン激戦が見られるでしょう。

さらには次世代ネットワークの形がじわじわと出来てきます。早ければ2009年内にWILLCOM COREが、その他、モバイルWiMAXが姿を見せてくることとなります。

端末販売台数は減っていますが、サービス側はぜんぜんスピードを緩めることの無いケータイ業界がますます面白くなるでしょう。

2009年、期待しましょう!

※当たり前ですが、ケータイ流行語大賞は言葉について賞しているだけで、受賞者はいませんので、、、^^;

☆あなたの2008年ニュースを募集しています☆
▼ご意見箱!
http://iscp.jp/i/mail.php
posted by ジロー at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111862015

この記事へのトラックバック
☆新機種の発売日・新サービスの導入日はメルマガで配信します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。